2006年01月22日

悪戦苦闘

昨日は雪の中出掛ける気にはまるでならず。
なので、今日は最近思う事を

先月の27日、東京ドームにミスチルのライブを観に行った。 今は昔ほどではないが、12年来のファンなので、生で観るミスチルには感動した。
けど、自分としてはいまいちなライブだった。昔の曲がもっと聞きたかったし、「横ノリ」はきつい。。

ただ、それは自分のわがままな言い分で、良いライブであった。なにしろミスチルのメンバーのサービス精神がすごい! もはや大御所と言っていい位のバンドだが、偉ぶらずファンの事をとても思ってる感じがした。

と、ふと自分の事を思った。ミスチルと比べるのは失礼だが、一応自分もプロとして、ファンの方に喜んでいただくのが商売である、はずだ。
しかし、明らかに今の自分は貢献できてない。 そういう点でもブログを始めて、少しでも私たちの世界を知っていただきたいと思ったのだ。 ミスチルのような人気のあるバンドがあれだけサービス精神旺盛なわけだから、自分のような若手棋士は、もっともっと考えていかなければいけないのだ、とも思う。 そのために自分にはどういう役割があるのか、今の自分の大きな課題であり、悩みである。

また昨日暇だったので、要望のあったRSSをつけてみた。なかなか難しく、大変でした… もし問題があれば、御一報ください!

それではまた
posted by 遠山雄亮 at 16:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 長考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

更新の前に・・・

 朝起きてからずっとニュースを見ていた。堀江社長(以下ホリエモン)のニュースがよく流れる。
そんな中で気になるニュースがあった。こちら

 先に言っておくが私はホリエモンのことは、好きでも嫌いでもある。なので肩入れしているわけではない。
 
 ホリエモンは既得権益を破る事を目指していた。フジTVの日枝会長は既得権益を守る事を考えていた。私は年代的にもホリエモンを応援しているが、日枝会長の意見もわかる気もする。まぁ今のくだらないTVに公共性があるとは思えないが。
 しかし、ホリエモンの事をわざわざとりあげて、これみよがせに悪口を言う日枝会長、本当に目をそむけたくなるような光景だった。こんな人達が日本を動かしているのか、と思うと嫌になる。

 と言いつつ今は「笑っていいとも」を観ながらこのブログを書いている。 一体何なんだろう。考えれば考えるほどわかなんなくなっちゃうよ
posted by 遠山雄亮 at 12:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 長考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。