2008年05月04日

ハチワンダイバーと大和証券杯観戦後

皆さん、昨日のハチワンダイバーはご覧いただけましたか?
1話目は原作に忠実に再現されていました。惹きこまれるストーリー展開で、2話目以降が楽しみですね。

私は棋士ですからどうしても将棋のシーンに目が行ってしまいます。しかし今回のドラマは、棋士が多数協力しているだけあり、しっかりしたものでした。
手つきは出演者の方は覚束ない方も多いですが、それでも練習している感じが出ていました。回を追う毎に良くなるのでは、と期待を抱かせます。
盤面はさすがに棋士が関わっているだけあって、どれもしっかりしたものでした。
という訳で将棋に関する部分について、全体的に良かったと思います。こういう細部に拘った方が現代では受けるはずなので、是非これを続けていって欲しいものです。

第2話も楽しみですね。


大和証券杯の方は佐藤二冠が貫禄を示しました。またもや佐藤二冠が独創的な構想を見せ、佐藤向かい飛車vs村山居飛穴の展開に。
中盤で逃げづらいと見えた銀が逃げたのが上手い手で、以下は少しずつリードを保っていたようです。
これで新人王は2年連続で初戦敗退。上位の壁は厚いですね。


それではまた


posted by 遠山雄亮 at 22:44| Comment(3) | TrackBack(4) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはりあの銀ですか・・
村山さんが感想戦で悔いていました。
自分にはどこで形勢が入れ替わったのかまったく分かりませんでした。
「あれ?穴熊良いんじゃないの?」くらいです。
頑張ります。

佐藤二冠クリックミスじゃなくて良かった。
Posted by 若造 at 2008年05月04日 23:02
棋譜だけ追うと先手ペースの快勝譜に見えてくるから不思議です。
さすが佐藤二冠の構想。面白いです。
筋の4四桂が悪手とは・・・
他でも、含みを残しておくのがプロの将棋ですが、裏目に出ることもありますね。
先手は振り飛車というより右玉感覚ですね。
黄金カード目白押しで今後も目が離せませんね。
Posted by 駒落ち好き at 2008年05月05日 22:33
難しい将棋でしたが迫力満点で面白い将棋でしたね。△44桂が悪手になるのですから将棋は難しいです。

Posted by よんだん at 2008年05月05日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ええっ!そうなの!!大和ってそうだったんだ!
Excerpt: みなさん、元気ですか?では早速ですが今日もブログ更新いきますね!目からウロコの大...
Weblog: 大和の驚き最新情報!
Tracked: 2008-05-06 03:08

ハチワンダイバー
Excerpt: 安田美沙子、人気女流棋士とミニスカ対局「脳が動きそう」(サンケイスポーツ) - goo ニュース -------------------------------------------------- ..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2008-05-07 22:19

ハチワンダイバー・その2
Excerpt: 前回、ハチワンダイバーの記事、書きました。 今日の日刊スポーツの記事。 フジテレビ、「ハチワンダイバー」主演『仲里依紗』の特集です。 無敵のアキバの受け師「中静そよ」と、出張お掃除メイドの「みる..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2008-05-13 00:48

ハチワンダイバー効果
Excerpt: ハチワンダイバー、第四話、見ました。 先々週の第三話(視聴率11%!)は、渡辺竜王が好きだと言うキャラクター、大杉蓮演じる「二こ神(ニコガミ)」の話でした。 「わしが勝ったらそよちゃんのおっぱいをも..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2008-05-28 02:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。