2008年03月19日

良い薬

 今日はブログ研でした。
 最近花粉の影響か、鼻の調子が悪いので風邪薬を飲んでから行ったのですが、これが大悪手でした。

 指した将棋は、全く将棋にならない状態で、対戦した方はあまりの酷
さに呆れてたのではないでしょうか。
 今日は意識が朦朧としている感じで、何も考えられない状態でした。どう考えてもその薬の影響としか思えません。言い訳といえば言い訳ですが、実力で負けるのはしょうがないにしても、体調が悪く負けるのは悔いが残ります。

 あまりにも酷いので、早退(飲みに行かなかっただけ笑)させてもらいました。ブログ研は夜に飲みながら色々話すのも楽しみなだけに本当に無念でしたが、まぁしょうがないところです。

 帰ってきてその薬の注意事項を見てみると
「薬を飲んだ後の運転はお止めください」
 確かにこれで運転したら事故を起こしますね。
 今日の教訓です。
「将棋を指す前にこういう薬を飲まないように」
 薬なだけに、良い薬になりました。対局ではなく研究会の時だったのが不幸中の幸いと言えます。

 帰ってきて夕飯を食べ、再び薬を飲んで一息つきました。
 薬の力恐るべしで、この記事もミスタイプしすぎで、この長さを四苦八苦しながら書いています。

 というわけで今日はこのへんで。


 それではまた
posted by 遠山雄亮 at 21:21| Comment(6) | TrackBack(1) | vs・研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは大変でしたね。ほんとに研究会で良かったです。
薬は怖いですね。なんとか花粉の時期を乗り切ってください。
Posted by りょうち at 2008年03月19日 22:17
 基本的に薬は毒であり、飲まないに如くは無いので、未だ若いうちは自然治癒に任せましょう。 
 棋王戦の推移より中飛車の是非も結論近しでありましょうか。後手番は更に厳しくなりそうです。
Posted by 88ds at 2008年03月20日 10:10
渡辺明先生のブログで遠山先生が薬の眠気でご苦労されているとのお話がありました。市販のお薬だとそのようなことも多いですが、病院には眠気のほとんどでないくすりや点鼻薬ありますので一度医院にかかってみることをお勧めいたします。眠気で勝負に差し支えるようだおつらいでしょうから。
Posted by 通りすがり at 2008年03月20日 10:12
竜王ブログを見てやってきました。
上にも別の方が書かれていますが、眠気の出にくいアレルギーの薬もあります。
例えばアレグラという薬など。実際に花粉症の薬としても使われていますので、病院で処方してもらうことをお勧めします。
花粉症なら花粉の飛散が終わるまで自然治癒しませんし、そのままにしておくと悪化するだけです。
当方、調剤薬局に勤務する薬剤師です。
Posted by テンペスト at 2008年03月20日 10:37
薬剤師さんのコメントがありますので、これ以上薬のことを申し上げることもないのですが、やはり花粉症には花粉症の薬を使われた方がよいのでは?
飲まれたのが風邪薬だったので、そこまで強い副作用が出たのではと推測しますがどうでしょう。
ともあれ、今日は雨で花粉もお休み。
私も発症者ですので、この時期の雨はまさに一息つけて歓迎です。
Posted by ちゃりーぶ at 2008年03月20日 15:19

漢方などどうぞ(´・ω・`)
Posted by トシ at 2008年03月21日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

第十局 中井広恵六段戦 其の四
Excerpt: わたしは感想戦で、最初にこの局面に触れました。すると中井先生は、「じゃぁ最初から並べてみましょうか。」というではありませんか。 今まで、指導対局での感想戦は、ポイントとなる局面に戻して教えて頂いてま..
Weblog: RAY の 駒落ち de Go
Tracked: 2008-03-20 00:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。