2008年01月19日

極寒の中

 昨日は用事があって夕方前に将棋会館へ。王将戦の検討に先日の自分の将棋などなど、有意義な時間を過ごし、順位戦を横目に早めに出ました。将棋会館を早く出たものの、何故か帰宅したのは遅い時間に(笑)まあこちらも有意義な時間でした。

 今日は朝からテニスに。
 何より寒い。寒いじゃ生ぬるいか、冷蔵庫にいるみたいでした。でも最近は運動不足からか体が重いので、こういう機会を大切にしていきたいものです。

 そしていったん帰宅して休憩し、また出掛けてきます。今日もなかなか長い一日になりそうです。

 昨日の順位戦B級1組では大阪で昇級者2人が決定しました。深浦王位と鈴木八段は圧倒的な力を発揮して2局残して昇級決定。この鬼のようなクラスでダントツの成績をとるのですから、来期も当然期待がかかりますね。

 私のRSSリーダーに新春女流フェスタのフォトアルバムが引っ掛かりました。はてぶが19も付いているようで、女流の人気の高さをネット上でも感じました。皆さんも是非上記リンクから見に行ってみてください。


 それではまた
posted by 遠山雄亮 at 16:48| Comment(1) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
王将戦第一局は久保八段の玉頭の歩を手抜く
という構想が大胆でしたが、やはり無理があったのか羽生王将がきっちり完勝しましたね。
形はまったく違いますが一昨年の第46棋王位戦第4局で挑戦者佐藤棋聖が相振りの後手番でやはり美濃囲いの玉頭から盛り上がる作戦を採りましたが仕留められていますね。入玉を視野に攻め駒を圧倒する構想もなかなかうまくいかないようですね。次局の戦型が楽しみです。

順位戦B級1組は鈴木大介八段、深浦康市王位がA級復帰ですね。
豪快中飛車、先手石田流を使い分ける鈴木八段は頼もしいです。深浦王位はタイトルホルダーとして当然といえば当然ですか(笑)
渡辺竜王が星を五分にしました。
連敗からの立て直しはさすがです。
来期へ向けて残りも万全を期待したいですね。

少し前ですがマイナビ女子オープンは
鈴木環那女流初段が
斎田晴子女流四段に勝ちましたね。
二転三転の展開で密度濃い大熱戦でした。
面白い将棋でした。次は矢内女流名人と激突。
若手が着実に力をつけ、勢いをましていますね。
ちなみに矢内、鈴木女流両名は
明日20日紀伊国屋サザンシアターでの谷川九段のDVD発売イベントに
聞き手として登場するようですね。
こちらは息のあったコンビでトークを盛り上げてくれるでしょうね(笑)
同時間帯にぴったり所用があり観に行けないのが残念です(苦笑)
来週26日新宿ジュンク堂での先崎八段のトーク&サイン会は申し込み済みです(笑)
Posted by 駒落ち好き at 2008年01月19日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。