2008年01月04日

まっさらな状態で

 昨日は指し初めで研究会へ。内容は全くといって冴えない将棋で、優勢な将棋はもつれ、劣勢な将棋ももつれ、という展開。よく考えたら駒を持つのは久しぶりだったので、まあこんなもんでしょうか。
 最後の最後、とん死に近い形で鮮やかに詰ませられたのは、詰め将棋くらいはやっていた効果でしょう。
 今年はここからスタート。明らかに上げていける余地があるので、全てをリセットした状態から少しづつ積み上げて行こうと思います。

 終了後は研究会より長く遊ぶという、いかにもお正月らしい展開で(ホントは言い訳)遅くに解散。かなりの疲れでしたが、たまにはちゃんと遊ぶ事も大切ですからね。今年の目標の一つに「去年より遊ぶ」があるので、今年はオンとオフの切り替えを上手くして、よく遊びよく学びをモットーにしたいと考えています。

 さて今日はこれから「新春女流棋士フェスタ」に行ってきます。喫茶店では女流棋士がメイドの格好をしているとかしていないとか。これはまさに「ハチワンダイバー」だ、と思ったらば、サイン入り本も売られるようです。これも「ご主人様、王手です。」の影響力だなぁ、と勝手に思っています(笑)

 私は見学がてらお手伝い。今までに無かったイベントで、とても楽しみです。

 今日は「ご主人様、王手です。」の最新号の公開日。先週の橋本七段との対局を3人と振り返ります。先週の悔しさは全員半端ではなかったようで、皆辛そうに私の解説を聞いていました(苦笑)
BIGLOBE動画:将棋


 それではまた

 
posted by 遠山雄亮 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(1) | vs・研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

嵐を呼ぶ『新春女流棋士フェスタ』レポートその1
Excerpt: 将棋ファンの皆様、あけましておめでとうございます(挨拶)直江雨続です。 さて、新
Weblog: 直江雨続の嵐を呼ぶブログ
Tracked: 2008-01-05 00:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。