2007年12月13日

明日は対局

 昨日はvsでした。2局とも大熱戦で、最後に間違えた方が奈落の底へ。2局とも最後に妙手があったのですが、秒読みの中でそういう手を発見するのはなかなか難しいものです。

 そして明日は対局。第56期王座戦一次予選準決勝、千葉五段戦です。千葉五段とは今期2度目の対戦。前回はこちら。珍しく快勝の将棋で、ここから勢いに乗って6組の決勝まで行く事が出来ました。
 前回の対戦の前にも書きましたが、千葉五段とは旧知の仲で、普段から仲の良い棋士の一人。お互いに手の内は完璧に知り尽くしているので、本当の実力が試されるところでしょう。
 頑張ります。

 竜王戦第6局は渡辺竜王が制し、4勝2敗となって防衛しました。この将棋は序盤から訳の分からない展開で、今期随一の名局でした。終盤佐藤二冠が優勢に見えましたが、実際はそこまでの差では無かったようです。見応え十分の素晴らしい将棋でした。
 竜王の賞金の使い道がちょっと面白いですね。欲が無いとも言えますか。今度のブログ研でちょっと期待してます(笑)
 詳細は竜王戦中継公式サイト

 明日はA級順位戦が2局。大注目です。
 名人戦棋譜速報
 朝日杯も本戦がスタート。兄弟子の佐藤(和)五段がどこまで勝ち進むのか、非常に注目しています。
 朝日杯将棋オープン中継サイト


 それではまた
ラベル:将棋
posted by 遠山雄亮 at 23:21| Comment(1) | TrackBack(3) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
王座戦一次予選準決勝、千葉五段戦、
どんな将棋になるのか楽しみです。

竜王戦は渡辺竜王が史上初の竜王四連覇達成ですね。
まさに竜王の風格、顔になっていますね。
本局は序盤から駒組みから中盤、終盤、力のこもった
名局でした。ドキドキワクワクする将棋でした。
いろいろあったようですが、最後は大差で竜王の勝ち。
強い!
全局を通して竜王ペースの将棋だっと思います。
勝ちを逃した所もありますし、内容的にミスはあっても
佐藤二冠を圧倒していた印象を受けます。
これで順位戦で遅れを取っているのですから
プロとは恐ろしい(笑)
他棋戦でのさらなる強さにも期待します。
羽生二冠とのタイトル戦も見たいです。
来期は永世竜王が懸かりますね。
若き巨頭として前人未踏の称号を
掴んでほしいと思います。
Posted by 駒落ち好き at 2007年12月14日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

4連覇です。
Excerpt: 竜王戦第五局の一日目の夜に、《ひとつ突き抜ける》という記事書きました。 いまだに結構のページビューなのですが、こんな風に書いたのに、第五局は負けてしまい、これで、昨日今日の第六局まで負けちゃったらど..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2007-12-13 23:29

将棋の第20期竜王戦は4勝2敗で渡辺明竜王がタイトル防衛、竜王戦史上初の4連覇達成
Excerpt: 渡辺明竜王の3勝2敗で迎えた将棋の第20期竜王戦7番勝負第6局は、2007年12月12日・13日の2日間に静岡県の伊豆市で実施された。結果は渡辺竜王が挑戦者の佐藤康光二冠(棋聖・棋王)を破り、4勝2敗..
Weblog: 栄枯盛衰・前途洋洋
Tracked: 2007-12-14 02:54

第66期将棋A級順位戦6回戦、郷田真隆九段が藤井猛九段に勝って5勝1敗とし、名人挑戦者争いのトップグループに復帰
Excerpt: 昨日(2007年12月14日)は、将棋のA級順位戦6回戦のうち、郷田真驪纈i(4勝1敗)×藤井猛九段(2勝3敗)丸山忠久九段(3勝2敗)×行方尚史八段(1勝4敗)の2局が東京千駄ヶ谷の将棋会館で行われ..
Weblog: 栄枯盛衰・前途洋洋
Tracked: 2007-12-15 07:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。