2007年12月11日

九州旅行

 無事に東京に帰ってきました。今日は旅行中に溜まっていた用事や後片付けに追われて、遅い時間の更新です。

 旅行は九州へ行ってきました。まずは長崎へ。初日はハウステンボスを堪能。それにしても広いですね。もちろん知ってはいたのですがビックリです。歩いて回る事は不可能なので、バスを利用して移動。
 想像以上に素敵な所でした。前に万博に行った時には混んでて見られなかった物も見る事が出来て満足。泊まった園内のホテルも西洋風でとても素敵な所。こちらも大満足でした。

 二日目は長崎市を観光。長崎は西洋の匂いがとてもする街なのですね。いざ行ってみて街の美しさに感動しました。
 その後移動して雲仙へ。目的はもちろん温泉。町中硫黄の匂いが漂う雲仙は、温泉も硫黄たっぷりで癒されました。

 最終日は島原からフェリーで熊本へ。このフェリーが印象的なフェリーで、乗り心地抜群。40分じゃもったいないくらいでした。
 熊本では、名城と誉れ高い熊本城へ。さすがは名城ですね。天守閣や本丸が工事中で見られない所も多かったのですが、雰囲気だけでも素敵。私はお城好きなのでたまらない時間した。
 夕飯はこちらも名店と誉れ高い「こむらさき」へ。有名なラーメン屋です。九州豚骨らしい味を出しつつも、でも臭みの少ない食べやすいラーメンで美味しかった。東京の豚骨は本当の豚骨じゃないんだと改めて実感。東京で食べる豚骨も美味しいですけどね。

 そんなこんなで遅い時間に帰宅。日常を完全に忘れて楽しんだ3日間を簡単に振り返ってみました。九州は素敵な所が多い土地ですね。また、思っていた以上に寒かったのには驚きました。東京が暖かく感じます。

 私が旅行に行っている間に随分と将棋界も動きがあり、久保八段が王将戦の挑戦を決めました。今期2度目の羽生ー久保のタイトル戦は振り飛車党には特に必見です。


 それではまた 
posted by 遠山雄亮 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

5手詰ハンドブック2の分析
Excerpt: 5手詰ハンドブック2 著者:浦野真彦 発行:日本将棋連盟 平成18年3月25日 第一刷 207ページ ISBN:4-8197-0169-X 定価 1,050円 ヤフオクで5冊\1,1..
Weblog: afroblue2001の日記
Tracked: 2007-12-12 16:27

アースダイバー
Excerpt: 出てくるのは「渋谷」、「新宿」、「六本木」、「善福寺川」、「神田川」、「芝公園」等の馴染みのある、何気なく使っている地名ばかりなのに、その持つ意味と背景に愕然とさせられる。例えば、以下のような疑問(普..
Weblog: 旅行への思い
Tracked: 2008-02-03 05:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。