2007年06月16日

名人戦は最終局へ

 昨日の名人戦第6局は世紀の大逆転。
 森内名人が相矢倉からペースを掴み優位を築きます。少しずつリードを広げ、王手竜飛車取りの場面はまさに投了級。
 郷田九段も逆転出来るとはあまり思ってなかったでしょうが、最善を尽くします。特に謎の中合い△25歩には執念を感じました。

 そして郷田九段最後の攻めを森内名人はかわすだけだったのですが、そこで連続ミス。その中で放たれた△27歩。これで形勢逆転。
 ▲同飛だと△33桂と馬を取って後手玉が寄らずやむを得ず▲同玉だったのですが、△33桂の時にもし▲19香があれば▲15銀以下詰み。
 遥か前に△19竜と形作り気味に取ったのが最後の最後に利いたわけで、勝つ時はそういうものなのでしょう。

 将棋の恐ろしさを知ると共に、永世名人へのプレッシャーにも思いが及びます。
 最終局は28日・29日に行われます。一体どうなるのか、大注目です。

 昨日リアルタイムでご覧になれなくて今日の話もイマイチ…という方は是非来週の週刊将棋でご覧になってこの衝撃を味わってみてください。


 それではまた


posted by 遠山雄亮 at 12:30| Comment(2) | TrackBack(3) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
△1九龍に王手龍飛車取りを狙った▲4五桂は余計な一手ではなかったでしょうか?
普通に▲3二と△同金▲5五角の龍飛車取りでも充分な筈。

本譜は▲4五桂に△同歩としたのですが、△4二金と相手のと金を取っていれば、むしろ後手有利な展開になっていたかもしれません。
△4二金に▲6四角の飛車金両取りなら△6九銀があります。また、▲同馬の詰めろには△3二金で凌いでいませんか?
Posted by K.O at 2007年06月16日 13:39
k.oさん>良い手だったと思いますよ。形勢が良すぎるから当然単に▲32と〜▲55角でも良かったでしょう。
Posted by よんだん at 2007年06月21日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

第65期将棋名人戦第6局、郷田真隆九段が「世紀の大逆転」勝利で3勝3敗に
Excerpt: 森内俊之名人に郷田真隆九段が挑戦している第65期将棋名人戦7番勝負の第6局が、昨日・今日(2007年6月14日・15日)の日程で青森市で行われた。ここまでの戦績は、森内名人の3勝2敗。今日勝てば森内名..
Weblog: 栄枯盛衰・前途洋洋
Tracked: 2007-06-16 17:20

名人戦の大逆転とコンピュータ将棋
Excerpt: 名人戦第六局の大逆転劇を見て、コンピュータ将棋でまれに見られる終盤の逆転パターンを思い出しました。相手玉を必至に追い込むと読み筋の末端の評価値がすべて必勝になって区別が...
Weblog: コンピュータ将棋協会blog
Tracked: 2007-06-16 17:42

第65期将棋名人戦最終局を前に、再び「郷田真隆名人待望論」
Excerpt: 来週6月28日・29日には、いよいよ第65期将棋名人戦の最終局である第7局が、愛知県蒲郡市で行われる。 森内俊之名人、挑戦者郷田真隆九段とも3勝3敗で迎える最終局第7局、この1局を制したものが第65期..
Weblog: 栄枯盛衰・前途洋洋
Tracked: 2007-06-25 06:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。