2007年05月11日

振り返ると

 昨日は朝からvs。最近にしては良い内容。GWに遊びまくったリフレッシュ効果が出たか(笑)。今は次に向かってただ前進あるのみ。

 昨日は連盟にいたため、偶然にも今月にある理事選挙の顔ぶれを見ました。私にとって初めての選挙。2週間、しっかり考えて投票したいと思います。

 それとは関係無く、今日は気が向いて棋士になってからの書類の大整理。棋士会や勉強会、委員会に配布資料等。一体どれだけあるんだ、というくらいありました。
 去年の今ごろといえば、名人戦騒動で揺れていました。その頃の資料も当然あり、感慨深く読みました。あれから1年、あっという間です。でもその間に奨励会規定やプロ編入試験、大和証券杯や女流問題と本当に沢山の課題と関わってきました。そう思うとあっという間ではないのかもしれません。

 そして今回理事が改選となります。立候補者の顔ぶれを発表する事は出来ませんが、色々と思う事があります。昨日の夜は、どういう将棋界になるんだろうな、という事を漠然と考えていました。ここからの2年はきっと、激動の2年間で起きた数々の事の筋道を立てていく時期になるのでしょう。私自身はどういう形でお手伝い出来るのか、それを問われる時期になるのでしょう。

 コメント、少しだけ返しました。最近は嬉しい事にコメント数も増え、楽しみに読んでおります。何を言われても、こうしてファンの方と直接交流できるのは楽しいものです。私は絶対に閉鎖はしないのでご心配なく。
 これからは、全部のコメントに返事を書くのではなく、自分のペースでゆるりとやっていきたいと思います。とりあえず5日分くらい書きました。
 皆さんのコメントは大変嬉しく励みになります。これからも沢山のコメントを待っています。


 それではまた


ラベル:将棋
posted by 遠山雄亮 at 17:46| Comment(7) | TrackBack(1) | vs・研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠山先生、コメントありがとうございました。
コメントいただけなくても、私は遠山先生のブログを読むだけでも嬉しいし、直接メッセージを届けることができることをヨロコビとしています。
お気遣いなく先生のペースでこのブログを続けてください。
昨日はとても寒くて浅間山が真っ白でしたが、今日は少し暖かく雪も解けました。地元中学生・高校生の部活の合宿もそろそろ先生のホームグラウンド(?)の菅平で始まりました。夏が待ち遠しいですね。
Posted by テツ母 at 2007年05月12日 21:25
オフィスアローの5月13日の日記に理事選挙立候補者
の名前が出てましたね

関東 米長邦雄  現
   西村一義  現
   田中寅彦  現
   青野照市  元
   桜井昇   元
   武者野勝巳 元
   大野八一雄 元
   中川大輔  新

関西 淡路仁茂  現  
   西川慶二  新

(関西は定員枠内の立候補者数につき、信任投票)
いくら今の理事会が気に入らなくても週刊誌などに
連盟や理事に関する恥部ネタを売り込むような
卑劣な輩に投票するようなことはしないで欲しいですね

   
Posted by くまさん at 2007年05月13日 15:59
遠山先生、はじめましてです。ブログはいつも拝見していますが、書き込むのは初めてです。

>私は絶対に閉鎖はしないのでご心配なく。

感動しました。「さわやか日記」の「コメント欄の内容について放置している棋士の責任を問う」という発言、将棋世界の某理事の「コメント欄、掲示板ははじめからはずすべきだ」という意見以降、棋士の方々の自主規制が続いているようで心をいためておりました。

我々将棋ファンにはありがたいですが、遠山先生に妙な圧力がかからないか心配したりもします。今年度の順位戦のご活躍を祈念しております。
Posted by 大矢正樹 at 2007年05月13日 17:13
5.25
米長支持 米長 西村 田中寅 中川(新)
打倒米長 武者野(元) 大野(元)
中間派? 青野(元) 桜井(元)


Posted by at 2007年05月14日 04:12
テツ母さん>温かい言葉ありがとうございます。私もこうしてコミュニケーションがとれる事を嬉しく思います。

大矢正樹さん>そういう風に言っていただけると嬉しいです。内部では批判的な意見もありますが、こうした事は新しい事をやっていけば必ず生じる事。必ず乗り越えていきます。
Posted by よんだん at 2007年05月14日 21:30
遠山四段、こんばんは。

『ここからの2年はきっと、激動の2年間で起きた数々の事の筋道を立てていく時期になるのでしょう。私自身はどういう形でお手伝い出来るのか、それを問われる時期になるのでしょう。』

大変な2年間になるとは思います。

ですが、遠山四段のような発言を拝読すると、ファンとしては楽しみです。

一番大切なものは何なのか…それが念頭になければこのコメントはないはずですからね。

遠山四段の責任感の強さみたいなものが、コメントからひしひしと伝わります。

お身体をご自愛くださり、将棋界の発展のため、無理しない程度に頑張ってください。

ファンとして、しっかり応援させていただきます。
Posted by Dancho at 2007年05月14日 21:45
Danchoさん>ありがとうございます。自分の出来る事を精一杯やる事を目標に頑張ろうと思います。応援のほど、よろしくお願いします!
Posted by よんだん at 2007年05月16日 14:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

植福の生き方
Excerpt: 六十歳以後―植福の生き方海竜社このアイテムの詳細を見る 前のの記事でも少し書きましたが、米長邦雄永世棋聖の新刊についてです。 以前の本は全部読んでますが、この本は、比較すると、いまいち切れ味がない..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2007-05-19 00:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。