白鵬の全勝優勝で終わった大相撲初場所。今回は14日目に行ってきました。



全日満員御礼はすごい!この日も大賑わいでした。
Twitterなど人気拡大に尽力している広報部の名物(?)職員さんがいたのでお話しようとしたのですが、ラジオ貸出に並んでいるうちに見失いました。残念。同じ伝統文化ということで、コラボを夢見ています。



この日は優勝は決まっていましたが、見どころの多い一日でした。
次の写真は将来優勝決定戦とかで顔を合わせそうな一番。



逸ノ城と照ノ富士の一戦は6年ぶりの水入りに。歴史的な一番に大興奮でした。




ちゃんこも食べました。地下で売っています。

自宅から近いところにある部屋は応援したくなります。
最近は伊勢ヶ濱部屋に注目していますが、千秋楽の照ノ富士と宝富士の明暗が別れた場面にはグッときました。逸ノ城も残念な負け越しで、まだまだ白鵬時代が続きそうです。


妻も好きということもあり、相撲は生活の一部になっています。
年末年始は相撲関連の所へ。



初詣に行った富岡八幡宮は、相撲発祥の地として有名です。横綱記念碑での一枚。



年末年始の休みで部屋めぐりをしました。
これは九重部屋。あの千代の富士の部屋です。
九重部屋は幕内力士が全員負け越し。特に千代丸と千代鳳の兄弟は応援しているので、頑張ってほしいです。
なお千代丸は国技館で入りの時に見かけましたが、大きいのにキュートでした。
千代鳳は前にイベントで見たことがあり、若いなーという印象です。

相撲は将棋と共通点が多く(1対1の戦い、世界の仕組み(番付と順位戦)、稽古など)、勉強になることも多くあります。これからも趣味の一つとして楽しんでいきたいです。


それではまた