振り駒で後手になり、角交換振り飛車を採用。
早い段階から戦いとなり、一気に大決戦。

迎えた図。まだ昼食休憩が明けてすぐの局面。
後手△が私です。





▲8六桂と美濃崩しの手筋を放たれた場面。ここで形とばかりに△8五銀と打ったのが敗着に。
同じ受けるのでも△9三銀とすればバランスのとれた難しい終盤戦が続いていました。
戦いが起こってから、読みも形勢判断も間違えずにきていただけに、先にミスを出してしまったのは悔やまれます。

それにしても田村七段の思い切りの良さは素晴らしく、最近決断力が鈍っているので見習うべきものでした。
この後もビシビシこられ、際どい局面を乗り切られて負かされました。
この難しい将棋で1時間も使わないなんて、見習うといっても出来ない芸です。

今月はまだ1局あるので、気持ち切り替えてまた頑張ります。


それではまた