2014年10月18日

八代四段戦

対戦相手は八代四段でした。今月頭の順位戦の再戦です。
振り駒で後手になり、前回同様角交換振り飛車に。リベンジを果すべく採用しました。

全体的に積極的な指し手が続けられて、それが好結果につながりました。
図は序盤の勝負手で△6四角と指したところ。後手△が私です。


2014.10.17八代 朝日杯22手.gif


▲4七銀には△4五歩が厳しいので1歩得は約束されています。
問題は手放した角が働くかどうか。
また△7二銀の一手が入っていないのも不安材料。
怖いところもありましたが、持ち時間が少ないのでエイっと思い切って指しました。

ここから攻勢となり、最後は際どく一手勝ちを収めました。

久しぶりにいい勝ち方が出来て、キッカケにしたいところ。
今月はもう一局あるので、いい流れのまま迎えたいものです。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。