振り駒で先手▲になり、3手目に▲2六歩と突いて居飛車志向に。結局定跡から外れた相矢倉戦になりました。

いま▲3五歩と仕掛けたところ。



この歩がすんなり交換できて、▲3六銀▲3七桂▲4八飛という形を作れるとさしもの矢倉も崩壊します。
当然後手も反発してきましたが、そこをうまくとらえて優位を築くことができました。
以下は明快な手を逃したり詰みを逃したりと、やや集中を欠いたところは反省点ですが、安全運転で押し切りました。

上の図を左右反転すると



相振り飛車になります。昔類似した形をよく指しました。
居飛車の経験が少なくても、相振り飛車の経験が活きてうまくいくこともあるのです。
居飛車は慣れぬ点も多いですが、芸域を広げるためにも今後もチャレンジしていこうと思います。


それではまた