2014年08月23日

西尾六段戦

後手でゴキゲン中飛車を採用すると、1戦目の村田(顕)五段戦の持将棋指し直し局と同様、▲5八金右型の超急戦に。

前回は完敗だったので、先に手を変えました。
今年の棋王戦で渡辺棋王が指した手ですね。


2014.8.22西尾 順位戦22手.gif


私自身も昔指しており、久しぶりの採用。
この手は積極的な手ではありませんが、じっくりした戦いになるので長い持ち時間向きの手だと見て研究を重ねていました。

しかし途中で研究に齟齬があることに気が付き(実際に悪いかは難しいところだった)予定変更。
以下はやや分の悪い戦いとなり、押し切られてしまいました。

ゴキゲン中飛車、そしてこの形はかれこれ10年以上指されていて、ずいぶん研究しました。それを活かして得意にしていましたが、ここ最近は連敗です。
全体の進歩に乗り遅れ気味だと自覚しています。この将棋もまさにそうでした。一時期勉強に身が入らなかったのがここにきて響いてきているようです。
最近は勉強法を変えたこともあって手応えは感じています。また追いつけるように地道な努力をするよりありません。頑張ります。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 14:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまです。
いやはや残念無念。。
角交換振り飛車の隆盛で
ゴキゲン中飛車や石田流などもプロ最先端では指し回しが変化しているように見えますね。振り飛車で勝つにはより技巧と構想や個性が重要度を増していますね。
厳しい闘いから道を切り開きはい上がっていただきたいと思います。
Posted by 駒落ち好き at 2014年08月23日 22:36
これからも厳しい戦いが続きます。研究も勉強も、皆、周りもプロのレベルでやっているでしょう。立場的に将棋界を盛り上げたいのは分かりますが、弱くて下に落ちては何もできません。ブログ、Twitter、無駄なおしゃべり、アルコールを全て封印して気を漏らさず、残りを闘ってもらいたいです。それが出来れば勝ち、出来なければ陥落でしょう。
Posted by 勝負の極北 at 2014年08月24日 11:23
勝負に身を置く方々のblogは負けると辛いがまん顔ですね。現役でありながらプロデューサを兼ねるのは大変なことなのでしょうね。
でも承知の上で選んだのでしょうから、歯を食いしばって頑張って下さい。
ファイトexclamation×2ぴかぴか(新しい)
Posted by ニンジン at 2014年08月24日 18:35

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。