2013年06月19日

所司七段戦、宮田(敦)六段戦

10時から所司七段と。
振り駒で先手になり、相穴熊へ。

自信の無い進行でしたが、エイッと攻めたのが好判断で、以下は堅陣を活かした猛攻を。
最後は「堅い、攻めてる、切れない」の必勝パターンで押し切りました。


14時からは宮田(敦)六段と。この日は所司一門の師匠→弟子と対戦でした。
振り駒で先手になり、角交換振り飛車の相穴熊へ。

途中は「堅い、攻めてる、切れてる」で必敗に近い形勢。
しかし秒読みの中食い下がり、切れてるはずが切れない攻めに。
後は反撃をしっかり受ければ良かったのですが、一手勝ちと思って踏み込んだ手順に落とし穴がありました。
最後は競り負けての残念な敗戦。一度逆転してそうだったので、余計に悔しい敗戦でした。


ということで1勝1敗という不本意な結果。
2局とも秒読みが長く、感想戦もしっかりやったのでかなり濃密な一日でした。


今日は朝からNHKの取材がありました。
将棋番組ではなく一般の番組です。
放送は7月上旬とのこと。また決まったら告知します。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 21:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1勝1敗、不本意とのことですが、一日で勝率5割!お疲れ様でした。
また次回の対局もがんばってください。
Posted by 津野 利行 at 2013年06月19日 21:49

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。