2007年03月21日

世紀の一戦終わる

 結果だけで言えば順当な竜王の勝利ですが、その内容は衝撃的なものがありました。ボナンザからすれば大健闘といえる内容でしょう。
 詳しい棋譜は大和証券杯ネット将棋HP
 こちらのサイトは会員登録が必要ですが、簡単な登録ですし、これからの大和証券杯を見据えて是非ご登録ください。

 私は今日は将棋を教えに行っていたのですが、そちらで中継を流して下さっていた事もあり、気になってチラチラと観戦していました。
 予想では終盤に入る前に竜王が圧倒すると考えていたのですが、予想に反して大激戦。
 ところが予想に反して(?)そちらのパソコンが故障してしまい、途中から観戦不能に。
 ずっと結果が気になっていましたが、後で棋譜を見る限りではそこから竜王が貫禄を見せた格好になりました。

 ここまで善戦するとは正直思いませんでした。ただ最後の一手違いはいわゆる「形式一手違い」で、差のある一手違いであったといえます。
 とはいえ、その実力はかなりのところまで来ており、これから先ハードとソフトの進歩が続けば更に強くなるでしょう。 

 だからといってプロが(特に竜王クラスが)負けるかというと、またそれは別。今回は強さが分からないというハンデが竜王としては大きかったと思います。今回の対戦でだいぶその力量が示されその手の内もだいぶ見えてきたので、これから先は人間にとってもコンピューターにとっても楽観できないと感じます。

 それにしても今回のイベントは社会的なニュースにもなり、またファンの方の関心も強く、成功だったのではないかと思います。ネット中継中にトラブルがあったという話(回線ダウン等)も少なくともネット上では見受けられなかったので、運営面でも上手くいったように感じます。
 この対戦はあくまでもこれから先のネット棋戦のプレイベント。ネット棋戦がファンの方に根付くためにも、しばらくは楽観の出来ない日が続きそうです。

 正直なところ、竜王が勝ってホッとした、というのが本音です。竜王を信用していなかったわけではもちろんありません(笑)でもこれは棋士の中でも結構多い意見ではないかと思います。

 竜王ブログにも簡単な感想が出ています。これからもう少し詳しい話も出るでしょうからご注目を。


 それではまた
 


ラベル:将棋 ボナンザ
posted by 遠山雄亮 at 21:38| Comment(6) | TrackBack(5) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会見で、「中盤ボナの特徴(悪いクセ)を引き出そうと2〜3回誘ったが乗ってこなかった(ソフトが改良されていた)ので驚いた」といった発言には勝負師の魂を感じました。
保木氏は「3〜6%程度改良しておいた」と発言されました。これは大変なことだったそうです。
ほとんどのパソコンは空冷(分解すると小型ファンが出て来る)ですが、今日のは水冷(5年くらい前NECが世界で初めて売り出したと記憶)でした。パソコンは電流の複雑な動きで発熱量が非常に高い。冷却しながらでないとすぐ壊れてしまう。昔のフォルクスワーゲンは空冷で真冬でも凍らないので一発スタート、今の車は大半が水冷。これと似てますね。ちなみにオートバイはむき出しのエンジンにフィンが付いてて空冷、止まって触るとヤケドする、アチチ。ただしBMWのバイクは確か水冷? 話が脱線しました。
では
Posted by 七色仮面 at 2007年03月21日 22:15
今のソフトの実力では、持ち時間が長くなるほどプロ有利だと思うので、今回の持ち時間2時間は、相当竜王有利だったと思います。
早指しだったら、もっと危ないことになるのではないでしょうか。
Posted by 観戦記 at 2007年03月21日 22:32
2つ前までのコメントほぼライブ状態で拝見しました。
忙しい中大変ですね、ムリされませんように。
Posted by 七色仮面 at 2007年03月22日 08:14
数年前チェスの世界チャンピョンを追い越したのは確かIBMのスーパーコンピューター(スパコン)『ディープブルー』でした。昨日の様子だと次回富士通かどこかのスパコンを使用すれば人間が負けるのではないかと思いました。ソフトも少しは改良されるでしょうし。最長で4〜5年かかるとしても、それまではエキシビションマッチとして客寄せに使えます。
(プロテニスも昔、ニューヨークの凍った路上で試合をしたり、女流?が差別されたり“見せ物時代”を経験しています。)

女流にとってはもっと有用なツールになるでしょう。これを使って悪い男どもをメッタ斬り、必殺仕置き人でいこう。
Posted by 七色仮面 at 2007年03月22日 11:23
順当というよりも、ボナンザの大善戦に
正直戸惑っています。

本当なら、いきなりトップ棋士が
相手するよりも・・・・・
なんて意見も言いたくなりますが・・・・・

う〜む、難しい所です。

でも、勝ってよかった。
ほっ。

PS・将棋ソフトが強くなると「順位戦の手」も
出るのでしょうか。
なんか、わくわくします。
Posted by こてくん at 2007年03月22日 20:47
七色仮面さん>色々な要素を考えると、これからの伸びシロを感じます。
コメントは本当は日々返すべきなんですけどね。。

観戦記さん>それはこれから実証されていく事なので、何とも言えないと思います。持ち時間もこれからどの程度が適切なのか議論されていく事でしょう。

こてくんさん>誰から、というのは確かにこれから考えていくべき事柄ですね。
コンピューターが「人間らしい手」を指す日は来るのか、楽しみです。
Posted by よんだん at 2007年03月28日 01:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ボナンザ 対 渡辺明竜王 に注目
Excerpt: 昨日の王将線は、羽生善治王将が、端攻めから、好調に攻めきって勝利、永世王将を獲得しました。 羽生さんの偉業は、いくつもあるので驚かないけど、考えてみると王将位通算10期というのはすごいです。優勝するの..
Weblog: BS11広報マン日誌
Tracked: 2007-03-22 07:55

人間の勝ちーーキラー・コンテンツだ
Excerpt: ボナンザ対渡辺竜王の将棋を、ネット中継で見ていました。 ボナンザ得意の居飛車アナグマを受けてたった渡辺竜王が、終盤、読みきりの最強手をつらねて勝ちました。まずはコンピュータに対し人間の勝ちです。 ネッ..
Weblog: BS11広報マン日誌
Tracked: 2007-03-22 07:56

将棋ソフトボナンザ(bonanza)
Excerpt: http://www.geocities.jp/bonanza_shogi/最近
Weblog: さんたのブログ
Tracked: 2007-03-22 09:36

将棋の話題、いろいろ
Excerpt: 毎日いろいろありますね。 忙しくていろんな将棋サイト、ブログ、コメントなど全部詳しく見切れてないです。 そんなときは、ここ。 毎回言いますが、勝手に将棋トピックス、将棋界新情報の宝庫、プロ棋士や業..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2007-03-24 03:41

ボナンザの大局観
Excerpt: 当事者の渡辺竜王や片上五段、も書いてますし、いろいろなブログでたくさん取り上げられているので、気恥ずかしいのですが、果敢に書いてみます。 先日もご紹介したインフォアローという、webシステム制作会社..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2007-04-03 21:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。