2013年05月08日

週刊将棋に電王戦総括掲載

今週号(5月7日号)の週刊将棋に、電王戦総括の記事が掲載されています。
そこにQ&A方式で寄稿しました。
見開き2ページの記事でほぼ全てのスペースを割いていただいていて、すごいボリュームになっています。
ぜひご購入のうえ、ご笑覧ください。

電王戦関連では沢山のコメントをいただきました。
数も多いので、個別の返事はいたしません。
勿論全て目を通しています。

色々な意見があるのは当然、ということは以前の記事も書きました。
それだけ難しい場面ですが、将棋でも難しい局面こそ実力の発揮しがいがあります。
この場面で将棋界がどうしていくのか、見守っていただければと思います。


ところでGW中はテニスを2回もやりました。気候も良く、楽しかったです。
今日はジムへ。
電王戦が終わり、対局が無い時期なので、体作りというところでしょうか。
順位戦が始まる6月上旬までに少しでも体重を落とし、長い対局にも負けない体力をつけることが目標です。

昨日は関係者の食事会。有意義な話が多く、楽しい時間でした。
楽しい時間でしたが結構長い時間飲んでいて、上の話と矛盾するような。。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
巷間様々な意見はありますし、棋士の方々の間でも色々正反対の意見/見方などあろうかと思いますが、
30年来の将棋ファンとして思うことは、体面であるとか勝敗に一喜一憂するとかではなく、今回の機会で
将棋に興味を持ってくれた、今まで将棋に興味のなかった層を、このまま将棋というコンテンツにどうやって
興味を持ち続けてもらうかという方向の議論を理事会/棋士会で活発に行って頂きたいなと。
Posted by 慎 at 2013年05月09日 05:25
大変僭越ではありますが、
「この場面で将棋界がどうしていくのか、見守っていただければと思います。」
という文章が、どうしても日本将棋連盟=将棋界、
コンピュータやアマチュアは将棋界の外、と読み取れます。
遠山先生からこのような発言がなされるとは、少し悲しい思いです。
Posted by 下手の横歩好き at 2013年05月09日 18:14

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。