2013年03月10日

研修会での駒落ち指導

今日日曜日は3年ぶりくらいに研修会での指導対局でした。

研修会での指導対局は、勝負にこだわって駒落ち戦を指す貴重な機会。
相手もプロ志望の強い子ばかりですし、こちらも気合いが入ります。

飛香落ちが2局、飛落ちが2局で、飛落ちで1つ負かされました。
勝った3局は全て入玉をするか中段に泳ぎ出してのもの。
逆に負けた1局は下段に落とされて寄せ切られました。
下手が勝つため、上手が勝つためにはどうするか、基本通りの結果でした。

駒落ちでは飛香落ちが悩みのタネです。
他の駒落ちではここぞで使う作戦があるのですが、飛香落ちではそれがありません。
所司七段の駒落ち本を買って勉強しようかな。
【決定版】駒落ち定跡(所司和晴著)


それではまた


posted by 遠山雄亮 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。