2012年09月13日

川上六段戦

振り駒で先手になり、中飛車に構えました。
最新形から未知の局面へと進み、押し引きが長い戦い。
リードを広げにかかったのが図の局面。


2012.9.12川上戦.gif


今5二の飛を△6二飛と寄って▲6四歩を受けたところ。
ここで▲5二歩が手筋の応用。
相手の駒が直前までいた所に歩を打つのは好手になりやすいもの。
今回のケースは珍しいですが、相手は取るわけにいきません。

実戦は攻め合いになりましたが、▲5一歩成が大きな拠点となり、攻め合い勝ちとなりました。


この勝利は、なんと今期先手番での初勝利。長いトンネルを抜けることが出来ました。
いい形できっかけをつかみつつあります。
また来週対局があるので、そこに向けて頑張ります。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 11:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝利おめでとうございました!いやはや。長いトンネルでしたね。先手中飛車の快勝譜となりましたね。ようやくですね。じっくり復調していただきたいと思います。次も時間の長い将棋ですね。
Posted by 駒落ち好き at 2012年09月13日 12:31
勝利おめでとうございます!
5二歩が取れないなら模様がよさそうですね。これから波に乗っていってください!
Posted by 津野 利行 at 2012年09月13日 21:31
おめでとうございます。
『相手の駒が直前までいた所に歩を打つのは好手になりやすい』
格言の一つとして覚えておきたいと思います。
Posted by 宮城 at 2012年09月15日 09:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。