2012年07月13日

上田女王戦、勝又六段戦

結果から書くと2連勝でした。
簡単に振り返ります。


1局目は上田女王と。
振り駒で後手になり、角道オープン型四間飛車に。

序盤から積極的にいきました。
後手△が私です。


2012.7.12上田戦.gif


飛成りを受けずに△3三桂と跳ねたところ。
狙いは△4五飛〜△2五飛の転換です。
際どい指し方ですが、積極的にいってみました。

実戦は落ち着いた流れとなり、受けの時間が長い展開でしたが、耐えて制勝。

この将棋は後日産経新聞紙上に観戦記が掲載されますので、是非そちらもご覧ください。


2局目は勝又六段と。
振り駒で後手になり、再び角道オープン型四間飛車に。

序盤から大乱戦となりました。
後手△が私です。


2012.7.12勝又戦.gif


ここから▲9四飛(!)△6二飛▲3四飛△4四角▲9五歩△3三金▲4四飛△同歩▲9四歩

飛で端歩を食い逃げするというのは見たことがありません。
▲9四飛に△同香は▲6五歩と飛を取りかえされ、▲9五歩を狙われて悪くなります。

本譜はその端からドンドン攻められ、耐える展開でしたが、受け切りに成功しました。
持ち時間の短い中で、うまく対応できたように思います。


2局とも丁寧に指したことが勝因となりました。
この気持ちを忘れずに、次もまた頑張ります。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 08:54| Comment(6) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝利おめでとうございました。2連勝!素晴らしいです。角道オープン四間飛車はゴキゲン中飛車の研究が深まりやや狭まり若干の閉塞感漂うなかで新たな鉱脈として注目されていますね。丁寧に指し、耐えて堪えてお見事でした。次局にも期待します。

先日の朝日杯ではアマが大躍進でした。私見では今回アマ側が最新研究、実戦経験豊富な力戦家揃いで五分五分か持てる力をフルに発揮し、運も味方すれば勝ち越しもあるのではと見ていましたので、結果には驚きはないです。しかしやはり興奮します(笑)
秋山アマのプロ筋の指し回しと伊ヶ崎アマの定跡のような完勝譜、井上アマの開き直りの勝負将棋が印象的でした。今泉アマも嬉しい勝利。次も楽しみです。
Posted by 駒落ち好き at 2012年07月13日 09:30
二連勝おめでとうございます!
9四飛はすごい手ですね。遠山先生は読まれていた手なんでしょうか?
Posted by 津野 利行 at 2012年07月13日 11:01
2連勝おめでとうございます。

耐える展開とのことですが、徳俵でのしぶとさは遠山さんの得意分野ですね。
勝利局2局は満足のいく内容だったのではないでしょうか。

順位戦2回戦の八代四段、3回戦の高見四段は共に好調のようで勢いを感じさせますが、遠山さんのしぶとさとねじり合いの強さでなんとか仕留めて欲しいものです。
順位は悪いですが、新四段に連勝できれば波に乗れる気がします。

また名人戦棋譜速報で観戦させていただきますので。
Posted by 1968 at 2012年07月13日 12:55
遠山先生が不調と言われてた嫌な感じは、この連勝で取れましたでしょうか。このまま、連勝数を倍々とどんどん続けてください。言うは易し、行うは難し…ですが(笑)…
Posted by 加賀重明 at 2012年07月13日 13:35
9四飛はやりすぎ?3四飛だったらどうなったのでしょうか。
Posted by トーマス at 2012年07月14日 21:54
2連勝おめでとうございます。観戦記も楽しみです!
Posted by 忍者福島 at 2012年07月14日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。