2012年03月07日

西川(和)四段戦

後手番で、西川四段に振り飛車を譲って居飛車を選択。今年に入って4度目です。

三間飛車で双方穴熊に組み、じっくりした展開に。
じっくりした流れを象徴する手が図の△8七成香。
後手△が私です。


2012.3.6西川戦.gif


遊んでいる成り駒で8五の桂を取りに行きました。
双方自陣はガチガチなので、少しでも逆側で得をして終盤戦を迎えたいという意味です。

実戦はこの成香で桂を取りきり、その桂で攻めたところで投了となりました。

途中から勝ちへ導く構想がズバリとはまり、いい内容で最終戦を飾ることが出来ました。


今期は4勝6敗で終了。色々ある反省点は一つずつ検証し、直していきたいと思います。
なかなか思うようにいかず歯がゆいですが、もがいていかないことには始まりません。
いつでも前を向いて、また頑張っていきます。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 11:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最終戦勝利おめでとうございました。快勝譜ですね。駒組時点で指しやすい展開でしたか。端から仕掛け飛車を下ろしてはかなり優勢になっていますね。先手3七銀と固めに引いた手も鋭く3五歩から攻められ裏目に出てしまいました。
8三角くらいでしたか。お見事でした。
負け越しでしたか。惜しい内容も多く精度を高め来期はさらなる上積み、昇級を目指していただきたいと思います。
Posted by 駒落ち好き at 2012年03月07日 13:29
今期順位戦は不本意な成績だったことと思いますが、
来期の捲土重来を期待しています。
Posted by あるる at 2012年03月07日 16:47
とにもかくにも最終戦、お疲れさまでした。
しめくくりの勝利、何よりでしたね!
また来期のご活躍祈念いたしております。
Posted by 津野 利行 at 2012年03月08日 00:20
遠山先生は相振りお嫌いですか?振り飛車党は、振り飛車を極めるには相振りを避けてはいけないのでは?…小池先生は、相振り&穴熊戦、常に局地戦に持ち込んでとても強かったですよ!!
Posted by 加賀重明 at 2012年03月10日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。