さて昨日は「普及」について書いたのですが、どうも幅が広すぎます。結局「棋士が普及にどうかかわるべきか」という事に過ぎませんでした。
 という事でもう一日、「将棋をより楽しんでいただく」事について書きたいと思います。
 
 昨日<東京出身で新潟に移住し、地元に根付いた活動をしている大平五段>と書きました。
 これをもう少し深く掘り下げてみます。
 
 今まで私が最良と思っていた、棋士がその地域に出向き、指導その他で親交を深める、という事はもちろん悪い事では無いと思います。というよりそれが求められていないようなら『棋士はいらない』という事になってしまいます。

 しかしそうのようなお付き合いではどうしても距離が生まれる。
 もう少し棋士側から近づいていくべきではないか、という気がしている。それが大平五段の行動につながるわけだ。
 つまり、棋士が地方に住み、アマチュアの方と一緒に普及をし、その中で指導もし、汗を流す、という事。
 これが非常に良い事ではないかと思うのである。

 昨日から大平五段の例ばかり出しているのは、つながりのある棋士でそういう試みをしている人が他にいないから。もちろん他の棋士でそのようにしている方もいらっしゃいます。

 漠然とですが、将来的には47都道府県に棋士が散らばり(本当は海外も含め、と言いたいところです)、各地域に根付いた活動をしていく事が良いような気はしています。少なくとも現在のように、東京と大阪に棋士が集中し、イベント等もそこに集中している姿は正しい姿ではないと思います。

 こう書くと「じゃあお前が率先してやれ」という声が聞こえそうですが、ハッキリ言って今その気は全くありません。何故か、は本題からそれてしまうのでまた日を改めて。
 
 ここまでは「将棋をより楽しんでいただく」ために棋士がどう関わるべきか、について考察してきた。
 補足として、現在のアマチュアの方への制度(支部や指導員制度)については、不備等もあるかもしれませんが、今理事の方々が改革をしているところであり、長い目で見ていただければと思います。なのでここでは触れない事にします。

 さて棋士が直接関わる以外では、良い将棋をお見せして喜んでいただきたい、という事がある。
 つまりTVやインターネットや紙媒体を通して、これから先どのように見ていただくのが良いのか、という事である。これは「将棋をより楽しんでいただく」ために必ず必要であり、そして将棋連盟にとっても必ず必要な事。
 
 ただこれも書くと長くなってしまいそうなので、また後日にしたい。特にインターネットでどう将棋を見せていくか、という事は将棋連盟が早急に考えなければいけないテーマであると思うし、機会があればじっくりと取り上げてみたいと思う。

 こうして文章にすると、自分の気持ちの1割程度しか出せなくて苦しくも思う。ただこうして棋士も色々と考えているのだ、という事だけでも伝わって欲しいと思う。
 
 「後日」や「日を改めて」と書いたテーマを整理すると、
・将棋をより多くの人に知っていただく事について
・「棋士」というものについて(何故地方に行く気が無いのか、という事)
・将棋を見せる媒体について
・インターネットと将棋

 こんなところでしょうか。書けば書くほどテーマが増えていく気もしますが、まぁ特に構想もないまま、今の思いを書いていこうと思います。


 それではまた