棋士生活1年目を終えた今考えている事を自分なりに書いていこうと思います。
 テーマに分け、何回かは分かりませんが書いていきます。

 第1回の今日は「普及」という事について。

 「普及」という言葉は非常に大きい物なので難しいテーマ。今の私が感じる事を正直に綴っていきます。

 普及には大きく分けて二つの事があります。「将棋をより楽しんでいただく」事と「将棋をより多くの人に知っていただく」事です。

 将棋をより楽しんでいただく、という事は今までもかなり力を入れてきた分野。
 この分野を考察してみたい。

 私が棋士になって感じた事の一つに「想像以上にファンの方と接する機会が少ない」という事があります。これは私自身の努力不足もあるとは思いますが、それでも周りの若手と比べれば多い方だと思う。
 裏を返せばそれだけファンの方と接する機会が少ないという事。これは問題だと思う。

 問題だと思う事は三つある。まず第一に、普及活動を怠っているという当たり前の事がある。第二にそういう機会が少ないとなると、特にファンの方の認知度が低くなり、それではプロとしての存在価値が危うくなるという事。そして第三に、そういう機会はお互いがお互いを認めお互いがお互いを高めるような相乗効果があるはずで、その機会が失われるのはお互いにとって良い事では無いという事。

 これだけの事があると思う。

 ではファンの方にとって一番良い事は何か。この事に対する認識の間違いを私は最近気付かされた。
 私はそういう、棋士とファンの方が触れ合う場が増える事が最良の事だと思っていた。棋士が支部や教室に行き、指導し、そしてお酒を酌み交わす事が良い事なのだと思っていた。
 ところが先日の東北での会議に参加させていただき、それだけでは最良とはいえない、と気付かされた。

 しかし一番最良な事はまだ明確には分かってない。それはこれから模索していく。ただ、もしかしたら、東京出身で新潟に移住し、地元に根付いた活動をしている大平五段の行動は見習わなくてはいけないのかもしれない。そういう地域に密着した活動こそ最良の方法に近いのかと思うからである。
 しかしこの事を認めきれないという事もあり、それはまたいつか触れたい。

 長くなってしまったのでこのへんで。ただこの分野に関しては今の将棋連盟(理事)が非常に力を入れ、そして熱心でたいへん素晴らしいファンの方々もいっぱいいらっしゃるので、近い将来更に良い方向に向かうのではないか、と期待しています。

 「将棋をより多くの人に知っていただく」という事はまた次回にします。


 それではまた