2012年02月23日

平藤七段戦(銀河戦)

少し遅くなりましたが、先月末に囲碁将棋チャンネルで放送された銀河戦の平藤七段戦を振り返ります。

振り駒で後手になり、ゴキゲン中飛車に。
持久戦となり、私は穴熊、平藤七段は銀冠に組みました。

中盤、穴熊を活かした強引な仕掛けを敢行。形勢に自信は持てないものの、玉が堅いので秒読み将棋なら実戦的にはいける、と感じていました。

しかし平藤七段に強気強気と踏み込まれ、結果的にわずかに足りない将棋でした。
象徴的なのが第1図。後手△が私です。


2012.2.23平藤戦.gif


馬が逃げてそこでどう攻めるか、と考えていましたが、▲5四歩△同飛▲7三馬(!)と切りこまれました。
急所と思われる馬を切り飛ばしてくるとは驚きました。しかしこれが好着想。
長年の経験で培われた勝負勘で、ここはいかないといいけないと感じとられたとのことです。

最後は穴熊らしい粘りも逃し、悔しい敗戦でした。
銀河戦はなかなか決勝Tに手が届きませんが、来期また頑張ります。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。