2012年02月15日

船江四段戦

先手で相振り飛車の乱戦になり、互いに陣形整備もそこそこに戦いが始まりました。
先手▲が私です。


2012.2.14船江戦.gif


7手目にして波乱の展開。
しかしこの将棋がもつれにもつれ、決着がついたのはなんと192手目。
しかも敗着は191手目で、最後はトン死を喫しました。
正確に指せば勝ちがあったようです。

形勢は二転三転、どころではすまないかもしれません。
沢山悪手を指し、また良い手も沢山あったと思います。
情念がぶつかりあう形で観ている方には面白い将棋でしたが、結果が敗戦では悲しいです。

終局は2時前。感想戦が3時前に終わり、タクシーで帰宅。
いつも対局後は眠れないのですが、いつにもまして眠れない夜でした。
今日は徹夜明けの感覚で、頭がぼーっとしています。

この一局は今期順位戦のかみ合わなさを象徴しています。
順位戦はあと一戦。なんとか嫌な流れを払しょくして、来期につなげたいです。
そのためにもまた頑張ります。


それではまた


posted by 遠山雄亮 at 15:43| Comment(4) | TrackBack(1) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう言い方は失礼にあたるのかもしれませんが
見ている者の心を震わし動かすとても良い将棋だったと思います
残る1戦応援しています
Posted by r at 2012年02月15日 15:54
いやはや。。大変な素晴らしい大熱戦です。これぞ捻り合い。2一飛車では4一桂成はありましたか。以下3八角成なら2二飛車。この辺りから形勢混沌でしょうか。先手難局の気配ですが後手も自信ないですか。
4四の金を陰に互いの馬が香車を取る局面などまさに死闘。異様なムードが漂ってます。辛抱強く粘り強い指し回しは感動的であります。最後はうっかりでしたか。3六角ならどうでしょう。勝ち方はありそうですね。再び立て直し、取り組んでいただきたいと思います。
Posted by 駒落ち好き at 2012年02月16日 07:56
お疲れさまでした。
次回の最終戦、また頑張ってください!
Posted by 津野 利行 at 2012年02月16日 08:20
対船江四段戦、当日「名人戦棋譜速報」にて観戦させていただきました。
お世辞抜きに素晴らしい熱戦でしたね。
もちろんあの将棋を勝ちきれなかったのは大いに悔やまれるところでしょうが、ファンに魅せる将棋としては文句なしだったと思います。
対門倉四段戦といい、あえて走り慣れた道ではなく、人真似でない道を行こうという心意気や志しが高くて良いですね。
順位戦ではなかなか結果が伴わず歯がゆいところもあるでしょうが、地道に夜が明けるのを待ちましょう。

そういえば王座戦では枠抜けの大一番が近づいてますね。
武蔵相手にどんな将棋を指されるのか期待してますので。
Posted by 1968 at 2012年02月17日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

静岡県特に西部の青少年の将棋育成
Excerpt:  静岡県は将棋のタイトル戦が多く誘致されている。せっかくの機会なので静岡県が将棋が盛んだからタイトル戦があるのだと思われるようにしたい。今日、王将戦が浜松で行われた。ホテルで知り合いと昼食をとった。静..
Weblog: ユーモア、川柳、名言
Tracked: 2012-02-17 22:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。