2011年12月31日

よいお年を

昨日は幕張メッセで行われた「COUNTDOWN JAPAN 11/12」へ妻と一緒に参戦。
毎年の恒例行事です。

例年以上に充実したラインナップ、素晴らしい運営、美味しいご飯、最高のひと時でした。
年の瀬に良い思い出ができました。


2011年は、感傷に浸らずにはいられない一年でした。
2012年は、もっと世の中が明るくなる、そんな一年になることを祈ります。
自分自身も、本当に微力ですが、将棋を通じて世界が少しでも明るくなるよう、頑張っていきます。
文化とはそういう使命と力を持っていると確信しています。

今年もご声援いただき、ありがとうございました。
2012年も変わらぬ応援のほど、よろしくお願いします。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来年がさらに飛躍の年となりますように。
よい年をお迎えください。
Posted by A.I  at 2011年12月31日 22:22
「そういう力」は文化が持っているのではなく、遠山先生自身が持っている。
それを、将棋を通して世界に発信する。。。
そんな心構えの方がいいのかも知れない。ふとそんな気がしました。

ご健闘をお祈りしています。

Posted by たるく at 2012年01月02日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。