昨日の続き。打ち上げで羽生王座と隣になり、色々とお話が出来た。
 こうしてお話させていただくのは何回目かは分からないが、いつどんな話をしても新鮮で面白い。

 羽生王座は、その頭の回転の速さから、会話が難解な事も度々。ちゃんと考えながら話さないと絶対についていけないので、こちらも自然と真剣な姿勢になる。
 真剣に話していてもついていけない事もあり、そういう時は素直な私(?)は素直に聞く。すると必ず分からない人に分かるような、分かりやすい解説をしていただける。
 こういう会話が出来る方は、私は26年間生きてきて、数えるほどしか知りません。
 こういう事を考えると、やはり羽生王座は将棋界の枠をはみ出している、と思うのです。

 その羽生王座との共通の知り合い(かなりおこがましいですが、他に表現方法が分かりませんでした)である、「梅田望夫」さんの 話題にも随分なりました。
 この方は、「ウェブ進化論」の作者、というのが今一番分かりやすい表現でしょうか。実際の肩書きは色々あって、どれを言うべきなのか分かりません(苦笑)
 
 リンクにもつけたブログの話になり、そこに1時間ほどの動画が貼ってあったので、その話をすると、羽生王座も観た、との事。で、その事について随分とお話が出来ました。
 その動画の中で梅田さんが「本を出してからネット上で1万人位のレビューを読んだ」というお話をされていました。一般の人達の生の反応を知るためにはそれが一番だ、という事でされているそうです。

 という話がありましたね、と羽生王座にすると
 「長年本の編集をしていた人はそれを聞いて実践してみて、『仕事をしていて初めて本当の意味に近い読者の声が聞けた』って言っていたらしいよ」という話が返ってきました。
 ふーん、と思うだけでなく、それを発展する話を持っている、こんなところにも羽生王座の凄さがあると思います。

 そしてこの「ネット上のレビューを読む」という行為は今の時代にピッタリの「反応探索」なのだと思います。
 ブログが乱立し、mixiを代表するsnsサービスで表現をする人数が莫大に増え、そしてその中で「検索」が容易に出来るわけですから、いくらでも「反応探索」をする事が出来るわけです。
 ただそれをするかしないか、そこからが本当に実力を分けるところなのでしょう。私もそのへんはまだまだ甘すぎるし、ネットを全く使いこなせていません。。
 やはり高い意識をしっかり持っていないと、こういった事にまで頭が回りません。反省しないといけませんね。

 まだまだ書きたい事はあるのですが、あまりにも長くなってしまうので、続きはまた明日。ネットの話、そして「梅田」さんの話を書きたいと思います。

 昨日の白瀧あゆみ杯は上田女流の大逆転勝ちでした。加藤桃子さんにとっては非常に残念な結果でしたが、その実力は完全に証明されましたね。
 詳細は 中継ページ で
 こちらはスポンサーである 白瀧呉服店 のページです。


 それではまた