2011年12月06日

高崎五段戦

振り駒で先手になり、相振り飛車に。
高崎五段のギリギリの攻めを受け止める展開になりました。昔の三段リーグ時代も対戦すると必ずこういう流れになりました。

猛攻を仕掛けてきた第1図。先手▲が私です。


23.12.5高崎戦.gif


美濃から玉を引っ張り出されて怖いところ。怖いついでに玉を受けずに▲4八銀と角道を通しました。怖くても踏み込んで受けよう、と覚悟を決めた場面でした。

以下私の玉は2七〜2六〜3六〜4六〜3六と中段をふらふらし、約100手近く続いた攻めをかわして最後は蓄えた力を爆発させて寄せ切りました。

結果的には踏み込んだのが良かったようで、まずまずうまく指せた一局でした。

これで次は枠抜けの一番。その対局が年内最終戦になります。引き続き頑張ります。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝利おめでとうございます!図はアマなら諦めモードで敗勢です(笑)4八銀ですか!至芸です。辛抱強く粘り強く指した勝利は格別ですね。年内最終戦も期待します。
Posted by 駒落ち好き at 2011年12月06日 11:25
勝利おめでとうございます!
どうやって攻めを受けきったのか気になる玉の逃げ方です(^^)
Posted by 忍者福島 at 2011年12月06日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。