2011年10月13日

伊藤(能)五段戦

振り駒で後手となり、ゴキゲン中飛車へ。
序盤早々角交換→飛交換と激しい展開に。

落ち着いた展開になるかな、と甘い考えを持っていた第1図。後手△が私です。
竜を作った後手に対し、8筋を先手が突き捨てたところ。


23.10.12伊藤(能)戦.gif


ここで▲9五歩がウッカリしていた攻め筋。
△同歩▲同香で、△同香は▲9二飛が強烈。
本譜は▲9五同香に△9四歩と受けましたが、▲同香△9三歩▲8五歩と攻め立てられて一気に敗勢に。

結局一手差に持ち込むのが精いっぱいで、一方的に押し切られてしまいました。


この将棋は自分の甘さが表面に出ました。
ここ最近そういう傾向があったのですが、今回は完璧にそこを突かれてしまいました。
非常に悔しい敗戦で、糧となるよう、日常を改め、日々精進していきます。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまでした。
次に活かされる一局となりますよう!
Posted by 津野 利行 at 2011年10月13日 10:05
いやはや残念無念。。伊藤(能)五段の会心譜となったようですね。プロの将棋は紙一重ですね。前進していただきたいと思います。
Posted by 駒落ち好き at 2011年10月14日 10:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。