2011年10月05日

宮田(利)七段戦

振り駒で後手となり、向かい飛車穴熊にかまえ、宮田七段は銀冠に。

主導権を握ったところで攻めるか陣形整備か迷いましたが、前回の対戦で無理攻めから負けたのを思い出して自重。
ここで力を溜めたのが結果的には正解。
戦いになってからはそこでの折衝で得をしたのが活きて優勢に。
最後は戦意を喪失されて早めの投了となりました。

きっちり前回の反省を活かし、しかも結果につなげられたのは収穫でした。
今月はここから対局が続くので、気を抜かず頑張ります。


今日は新人王戦第1局豊島六段―佐藤天六段戦。
PC/モバイル同時中継です。
PC中継は新人王戦中継サイト
モバイルはAndroid版もリリースされています!
日本将棋連盟モバイル紹介サイト


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 09:29| Comment(3) | TrackBack(1) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝利おめでとうございます。
実りある一局だったようですね。

一ファンとしても験を担いでまして、対局前のがんばれコメントを入れないようにしております、ここのところw。
ひそかに応援させていただいておりますので♪
Posted by 津野 利行 at 2011年10月05日 10:00
おつかれさまです。次局も期待します☆
Posted by 駒落ち好き at 2011年10月05日 15:21
おめでとうございます。
今夜はビールがうまいです(*^_^*)

Posted by 宮城 at 2011年10月05日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

勝負哲学 岡田武史 羽生善治
Excerpt: 岡田 答えを模索しながら思考やイメージをどんどん突き詰めていくうちにロジックが絞り込まれ、理屈がとんがってくる。ひらめきはその果てにふっと姿を見せるものなんです。羽生 将棋においてはたくさんの手を読め..
Weblog: ユーモア、川柳、名言
Tracked: 2011-10-06 21:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。