2011年08月26日

村田(智)六段戦

振り駒で先手となり、石田流に組みました。
村田六段は左美濃にかまえ、お互い美濃囲いでの戦いに。

中盤、チャンスとみて踏み込み、一気に激しくなった第1図。
先手▲が私です。


23.8.25村田(智)戦.gif


今△3三銀とと金を払って手を戻したところ。先手玉は詰めろですが、豊富な持ち駒を駆使すれば詰めろ逃れの詰めろや、手順によっては即詰みに撃ち取れるはず、とかなり前から想定していた局面でした。

ところがいざこの局面を前に長考するも勝ちが見つからず。
焦る中指した手順が最悪で、あっさり負けになりました。


結果的には、勝ちとみて踏み込んだ第1図が、感想戦で出た結論は負け。
となると踏み込んだ判断が間違いだったということ。大局観が悪かったようです。


踏み込みと落ち着き、紙一重で難しいもの。
ただ前局の泉七段戦でも同じことがあり、全く反省が生かされていませんでした。
勝ちへの気持ちが少しでも急くと転落する、プロ将棋の厳しさを痛感しました。

今期の竜王戦は終了。5組本戦でも同じような過ちで藤倉四段に負かされており、大変残念です。
なかなか昇級に手が届きませんが、また来期頑張ります。

そして対局はまた来週火曜日と迫っています。気持ち切り変えて、次に向かいます。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何だかうまく言えないのですが。
とても分かりやすい自戦記だと感じました。(将棋自体が分かりやすいという意味ではありませんが)

遠山先生が自戦記集を出版されたら、【永世竜王への軌跡】とはまた別の意味での名作になるのではないか・・・という気がします。


Posted by たるく at 2011年08月26日 21:32
いやはや。残念無念。5四や6六の歩が守りになってますね。辛抱強くはい上がって頂きたいと思います。しかしながら王位戦五局の広瀬王位の穴熊感覚は強過ぎます。カッコよすぎます(笑)
Posted by 駒落ち好き at 2011年08月27日 16:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。