2006年07月23日

○○放題

 昨日はお昼に都庁へ。昨日書いたとおり、子供教室へ行ってきました。これが参加数約120名(保護者含め240名以上)という、かなり大きなイベント。棋士も計10名。森内名人もいらして、なかなか豪華なイベントです。

 最初から最後までひたすら子供達と将棋を指しました。これが、ちゃんとシステム化されているのですが、その反面席に空きがある事が多く、もう少し多くの子供達と指したかった。いっそ「指し放題」にしていただいても良かったのに。

 子供達は、良い手を発見した時、そして勝った時、本当に良い笑顔を見せてくれます。それを見たくて私も一生懸命(?)負けました。
 
 一緒の棋士には、お話した事の無い大先輩や連盟会長もいらして、少し緊張しました。そんななか、少しとはいえ、お話できて良かった。

 また、この大会は、日比谷高校の将棋部と都庁将棋部の皆さんがボランティアで支えていてくださり、かなり大きな力となっています。本当に嬉しい事で、これからも是非続いていって欲しいイベントです。

 
 夜は、学生時代の友人十数人で飲みに。2軒飲みに行ったのだが、どちらの店でも力強く飲み放題に!
 結果的に飲み放題でよかった、と思うほどグラスが空いていました。私も随分飲みました・・・
 学生時代の友人達は、いつ会っても昔と変わらぬ感じで、会うとホッとします。

 昨日は心温まる一日でした。


 ちょっとおまけ。

 面白いサイトを見つけました。
 先日行われた第22回詰将棋全国大会で面白いイベントが行われたようです。
 それがアップされています。 ミニ詰将棋選手権

 3手詰め、5手詰め、それぞれ10題。制限時間は1題30秒。是非やってみてください。

 ちなみに私は、3手詰め全問正解、5手詰め8問正解、という結果でした。


 それではまた
posted by 遠山雄亮 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。