2011年01月30日

初段になるための将棋勉強法

今日は表題の本について。
取材に協力したことで、先日献本いただきました。
面白くてこの連休で一気に読破しました。





タイトル通り、どうやったら初段になれるかということに的を絞った本です。
検索すればネット上では色々な方法が出ていますが、こうしてプロが一冊の本にまとめたということは画期的だと思います。
将棋を覚えて上達したい、という人への第一冊目として非常に有益な本になっています。

この本を読んでから、自分に合った本へと進んでいくと、上達のスピードというのは間違いなく上がるでしょう。


この本の編集者の方がやはり初段を目指して奮闘しており、その様子がブログにまとめられています。
初段になるための将棋勉強法
記事にもありますが、2/12(土)には浦野七段の刊行記念イベントも行われるようです。


当ブログの読者にはこの本がピッタリくる方が結構多いかもしれません。
是非お手にとってみてください。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 21:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の棋力を5級前後かな?と思っているので、初段になるための将棋勉強法はちょうどピッタリの本かもしれません。
今度本屋で探してみたいと思います!
Posted by 忍者福島 at 2011年01月30日 22:06
将棋歴半年。詰め将棋の5手詰めが出来るようになったのに何で激指しの8級にたまにしか勝てないんだ?

本によれば 攻め好き・短考の部類のよう。

最低でも読み上げを待つくらい考えたら簡単に5連勝できました(^^)

自分を分析するいい機会になりました。
Posted by りょうす at 2011年01月31日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

初段になるための将棋勉強法: 遠山雄亮のファニースペース
Excerpt:
Weblog: 将棋.navi
Tracked: 2011-01-31 03:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。