2010年12月30日

countdown japan 10/11

今日は表題のフェスに妻と行ってきます。去年は体調を崩して行けなかったので、今年は2年ぶりの参戦。6回目の参加になります。毎年少しずつ変わっているので楽しみです。

音楽に対する情熱は昔ほどではないけれど、それでも今月は2度目のlive。
4人態勢になってから初めてのストレイテナーや、今年一番多く会っている斉藤和義など、楽しみなメンバーが多く出演します。
またDJブースがかなり大きくなったようなので、そちらでも楽しもうと思います。

年末年始の遊びもこれでほぼおしまいなので、ゆっくり遊んできます。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

結果を出し続けるために 羽生善治
Excerpt: 思い浮かべている局面の九割は、自分が悪くなる局面です。・・・うまくいく場合は氷山の一角ですね。「三手くらい、プロなら読むのは簡単ではないか」といっても、実際は難しいのです。最も大事なのが、二手目の相手..
Weblog: ユーモア、川柳、名言
Tracked: 2010-12-30 15:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。