2006年03月29日

初体験・・・

 朝から将棋会館で健康診断。今回初めて受けたのですが(奨励会員と棋士だと中身が若干違うのです)、採血があるのにビックリ!
 注射って痛いですよね。。。

 それ以上に辛かったのがバリウム。人生初バリウムは、とにかく気持ち悪かった。。そしてその後のジェットコースターのようなものが、また更に気持ち悪さを増大させます・・・
 同じ思いをした人がこちらにもいるようですね。

 終わって仲間と昼食。その後新宿の方に行き、ちょっと遊んでいたら、事務所での用事を思い出し、がっかりしながら舞い戻る。

 そうしたら、最近お忙しい某女流とばったり会う。夕飯をご一緒しませんか、との事。帰ろうか迷ったものの、結局その旦那ともう一人、4人で池袋に飲みに行く事に。

 
 推定5時間、色々な話をしました。私にとって、最近かなり興味ある話ばかりで、面白かった。また、本当に勉強になった。
 
 これからの将棋界に必要な事、それは「変化」だと思う。
 良くも悪くも変わらない事を大切にしてきた団体だが、そろそろ動きだす事も必要だし、変わっていくと思う。
 その時自分がどういう風になっていくか、近いうちに光を見出したいと思う。
 
 そんな自分にとって有意義な5時間だった。将棋会館にがっかりしながら戻ったのも、意外と良かったかもしれません(笑)


 それではまた  
posted by 遠山雄亮 at 15:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中島みゆきの世情が浮かんできました。。(^^;
Posted by じゃがりんぽ at 2006年03月29日 20:46
そしてここにもひとりバリウムの悲劇を
味わった棋士が...。(笑)
http://blog.livedoor.jp/henry12/archives/50376694.html

「変化」についてのお話についてですが...。

伝統を守るのは形式を守るということではなく
そのもの本質を守ることだと、私は思います。

例えて言うなら「車のモデルチェンジ」のような。

本質さえぶれなければ、具体的な方法論は多様に
なっても、最終的には本質にたどり着くのでは?
なんて私は思います。

将棋界の発展のためにも1ファンとして微力では
ありますが、協力できればと思っています。

P.S. 4/22のジャパサ、結局最後は音速ラインが
出ることになりましたね〜。初めての音速ライン
楽しみです。
Posted by ぶらんか at 2006年03月29日 21:07
いやー。健康診断は辛かった…。
朝始めて口にするのがバリウムって厳しい。

始めて受けたときはやたら楽しいバリウム検査(笑いをこらえるのに必死だった)だったのに、年々つらくなるわー。
楽しく受診できるように工夫してもらいたいよね、ってサービス業じゃないから無理かしら(笑)
Posted by ねここ at 2006年03月30日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。