2010年04月17日

楽しいやりとり

昨日は昼過ぎに将棋会館へ行き、ひたすらミーティング。最近はこういう事も多く、ミーティングにもだいぶ慣れてきました。やりとりを楽しむ余裕が出来てきたのはその証拠かと。しかし時間的な余裕は無く、バタバタとこなす日々です。


さてネット上でも楽しいやりとりを発見しました。
来月発売される「変わりゆく現代将棋」について。
目次があるだけで「変わりゆく現代将棋」は印象がずいぶん違うなあ。(梅田望夫のModernShogiダイアリー)
遂に発売する「変わりゆく現代将棋 上下」(最後に追記有り)(将棋観戦記)

言及したいポイントは多いのですが、特に将棋観戦記の中で
羽生善治という天才が独力でナスカの地上絵を製作する作業を地べたで、その脇で、リアルタイムで眺めていたというのが当時の状況だったのではないか。

という一文は印象的で、梅田さんの琴線にも触れたようです。
「変わりゆく現代将棋」連載とはどんな雰囲気のものだったか。(梅田望夫のModernShogiダイアリー)

こういう交流はネットの特徴でもあり、面白いですね。この二人は間違いなく面識はないでしょう。私も「将棋観戦記」の著者の方は全く知りませんが、将棋を観戦するという事をモットーに面白い記事を多く書かれていていつも楽しみに読んでいます。

その将棋観戦記の記事の最後に梅田さんについての言及があり非常に面白かったのですが、私ではまとめる筆力に自信が無いので、opinionにお任せします。


楽しいやりとりと言えば、今日は女流親睦会が行われています。昨日の将棋会館は準備に追われる女流棋士の方々が東奔西走していました。参加される皆さまは女流棋士との楽しくやりとりしてきていただきたいものです。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。