2006年03月12日

棋王戦第4局

 昨日は棋王戦第4局。見事に森内名人が勝ち、棋王獲得となりました。

 で、この対局の大盤解説会。前にこのブログでも紹介した通り、上野四段&鈴木女流初段のコンビで行われました。

 私も夕方頃連盟へ。

 将棋は熱戦で、途中は羽生三冠が指せそうな気もしましたが、最後は見事な手順で森内二冠が勝ちを決めました。

 大盤解説会は、私の宣伝の甲斐もちょっとはあったのか、やっぱり上野四段の各地での宣伝の甲斐があったのか、盛況で嬉しかったです。かなり沢山のお客様がいらしていて、熱気にあふれた解説会でした。
 私も弟弟子と一緒にちょっとだけ登場させていただいた。
 このブログで紹介した、という事を話したら、うなずいている方が結構いらっしゃって、少しは貢献できたかな、と思いました。
 何名か知り合いの方の顔も見られ、お話できなかった方もいらっしゃいますが、元気そうな顔が見られて良かった。

 大盤解説会は今まであまり大々的に宣伝をしていなかったが、棋士が同時進行で解説をする、というのは貴重な場。値段も映画一本観るのと同じ位なので、そのような気分で来て頂ければ、と思います。まだまだ良くなる余地はいっぱいあると思うので、少しづつ良い物にしていきたい。これはかなりの人の協力と努力が必要だが、力を入れてやっていくべき事だと思う。

 最近バタバタしていてコメントに返事を出していなくて申し訳ない。もうちょっとだけ待ってください。

 連盟に行くまでの話は↓で。

 
posted by 遠山雄亮 at 01:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棋王戦解説会に行きたかったのですが、
超重症の杉花粉症の治療専念のために行けませんでした。
春が終れば活動再開です。
Posted by 竜玉 at 2006年03月13日 13:44
解説会は席がパイプ椅子で狭いというのがちょっと・・・
料金が高くても、少人数で解説してくれるコースがあっても良いかな〜と思いました。
Posted by じゃがりんぽ at 2006年03月13日 20:30
竜玉さん>また春になったら積極的に活動してください! 春は名人戦の大盤解説会があるので、是非観にきてください。

じゃがりんぽさん>なるほど、というご意見でした。将棋連盟としても、今までより更に面白い解説会が出来るよう、手探りで進んでいます。その中で一つの意見として参考にさせていただきます。
Posted by よんだん at 2006年03月13日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。