他のブログに影響を受けて、私なりの考えを。

 今の私が一番思うのは、「将棋は指さないけど、観るのは好き&好きな棋士がいる」という方にどうアプローチをかけるべきか、どう増やしていくか、という事。
 例えばサッカーは、私は自分ではやらないが、観るのは大好き(昨日バルセロナがアウェイでチェルシーに勝ってましたね~)。と、こういう人がおそらく将棋では少ない。で、将棋が強いファンの方が多いから、イベントだと指導対局が多くなる。悪い事だとは思わないけど、やや画一的気味なのは否めない。
 棋士の側も何かアピールをしていかないといけない時代だと思う。対局だけで注目されるのは、一般的にはトップのほんの一握り位だろう。
 どんな事をすれば「将棋は指さないけど、観るのは好き&好きな棋士がいる」というファンの方に喜んでいただけるか、という事は難しい。それは未開拓の分野だからだ。 で、こういう事をするには、将棋界にあまり染まってない人の方が気持ちがわかりやすいと思う。私もプロになったのがかなり遅い事を逆に力に、この事には力を注いでいきたい。いくつかアイデアとしては持っているが、実現のためにはかなりの力が必要だ。 若手でこの意見に賛成だ、という人がいたら、棋士奨励会問わず連絡ください。また読んでくださる方で何かご意見あれば是非うかがってみたいです。


 昨日は色々色々あって疲れた。良い事3つ、悪い事5つで、あまり良い日ではなかった(苦笑)最後笑顔で飲みには行けなかったが、でも飲みに行って少し救われた。 その分終電が救われず(?)タクシーで遅い時間に帰宅しました。

 今日も頑張らないと。

 それではまた