2006年02月06日

ヒンギス優勝・・・ならず

 決勝は、デメンティエワの良い所ばかり出た試合でした。 ヒンギスはおそらくシャラポア戦の50%位の力しか出せず。
 デメンティエワはここまで3試合、全てフルセットで、第2シードという事を考えると大苦戦の連続だったわけですが、それがかえって決勝では良い方に出たようです。

 ヒンギスvsシャラポアも、デメンティエワvsヒンギスも(どちらも前者勝ち)勝った方は、「負けて当たり前。挑戦者の気持ちで行く」という趣旨のコメントを出していた。
 勝負事にはこんな謙虚な姿勢がかなり重要なんでしょうね。逆に負けた方は、どちらの試合も気負いがあったように思えます。

 やはり女子は群雄割拠の時代。ヒンギスも次の四大大会、全仏オープンでどうなるか、注目です!
posted by 遠山雄亮 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。