2006年02月04日

シャラポアvsヒンギス

 昨日は休養日。家で一日中テニス観てました。東レはケーブルTVで生放送してるんです!

 準決勝の顔ぶれは「シャラポアvsヒンギス」「デメンティエワvsミスキナ」に。世間の、いや世界の興味が集まる前者ですが、後者も捨てがたい。かなり地味な選手ですが、私はミスキナのファンなので。彼女のテニス、なんか好きです。昨日の試合はいまいちの出来でしたが・・・

 とはいえ、やっぱり観たいのは「シャラポアvsヒンギス」。この試合を、テニス素人の私が勝手に予想します!

 現在の二人の実力をどうみるか、で予想も見えてきますが、シャラポアは世界でトップクラスとして、ヒンギスは未知数。とりあえず20位代の二人を倒したので、20位以上の力がある事は証明された。 しかし10位以内の力があるか、というと微妙。調子が良ければシャラポアに匹敵する力も出せるか。

 しかしやはり私はシャラポア断然有利とみた。その一番の理由はサーフェス(地面)。今回のサーフェスはカーペットなので、球が弾んで伸びてくる。
 そうなるとパワーで勝るシャラポアに分があるのは、わかりやすい。球が速い人の方が相手はより取り難いわけだから。 ヒンギスはパワーではなく技で勝負するタイプなので、このサーフェスでは相手がシャラポアでなくともパワータイプには苦しい。

 唯一シャラポアが負けるとすれば、畏怖感か。シャラポア18歳、ヒンギス25歳。という事はヒンギスが絶頂の頃、シャラポアはまだ子供で、ヒンギスにあこがれてTVで観ていたはず。
 そのあこがれが緊張をよびおこしてしまうと、シャラポアも苦しいと見る。 さすがに世界1位経験者にそんな事は無いような気もするが。

 8:2くらいでシャラポアが勝つと思う。スコアは、6−3・6−4くらいで。
 
 でもヒンギスが勝つのもドラマティックで良いな。  今のヒンギスはテニスが心から楽しそう。忘れていた何かを、休養中に見つけたんだろうな。

 テニス興味無い、という方も、今日は注目していてください。きっと色々な所のニュースで取り上げられると思うので

 それではまた
 
posted by 遠山雄亮 at 01:10| Comment(3) | TrackBack(2) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちとら、one a week playerですが、女子の試合はほんとうに勉強になります。
それにしても、時代の巡り合わせというか、とても楽しみなマッチになりましたね。
4年の沈黙を破ってベスト4に勝ち上がったかつての天才少女ヒンギス、強打、ルックス、人気を独り占めする現代の天才少女の対決。
どちらにも負けてほしくない…正直な気持ちです。
でも、心のどこかでヒンギスガンバレって声が…
この対決がテレビで見られるので、楽しみです。
Posted by 安頓 at 2006年02月04日 01:35
普段テニスの試合を観ることのない私も
つい引き込まれてしまう内容でした。
ヒンギスの完勝と言っていいでしょうね。
書いていらっしゃるように
ヒンギスが凄く楽しんでいるように見えました。
Posted by 通りすがり at 2006年02月04日 16:22
ヒンギス圧勝だったね!ライジングが冴え渡ってたし。
2ndサービスでのポイント獲得率が勝敗をわけるポイントになったね。こりゃ優勝しちゃいそうだ!
Posted by ごるちぇ at 2006年02月04日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新旧女王対決はヒンギスの勝ち!
Excerpt: 東レプロテニス、新旧女王対決シャラポワVSヒンギスは3年間のブランクを感じさせないヒンギスに軍配が上がった。シャラポワとヒンギスは似ている。ヒンギスは幼少から母にテニスを教え込まれた。シャラポワは幼少..
Weblog: 後悔しない人生のために・・・経済的自由、ONLY1を目指す。(...
Tracked: 2006-02-04 16:50

第31期棋王戦5番勝負 第1局は森内名人の勝ち
Excerpt: 題名の通り、2月4日に行われた第31期棋王戦5番勝負 第1局は166手にて森内名人の勝ちとなりました。 5番勝負という短期決戦では、開幕戦の勝ち星がシリーズの運命を握るほど重要な戦いになってきま..
Weblog: 『続・近づくと妊娠するブログ』内容は将棋っぽいですよ'`,、('∀`)'`,、
Tracked: 2006-02-04 22:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。