2009年07月17日

土佐七段戦

振り駒で後手となりゴキゲン中飛車へ。
持ち時間25分切れたら30秒という銀河戦予選は、当然ながら序盤はハイスピードで進みます。

その進行が隣で同じく銀河戦予選を指している広瀬五段が、先日順位戦で千葉五段戦で指していたのとそっくりの展開。
あまり人真似は好きではないのですが、持ち時間の短い将棋という事もあり、また勝った広瀬五段側を持っていた事もあって構想を拝借する事に。

土佐七段に工夫があり、途中からは前例を離れ決戦へ。
その辺りでこちらにミスがあって苦しい展開でしたが、あちらの自重もあって持ち直したのが第1図。後手△が私です。


土佐戦 21.7.16.gif


相手の手番で持ち駒豊富。不利を自認していました。
ここで筋とばかりに▲8五歩△同歩▲8四歩△同銀と攻めてきたのが疑問。こちらの陣形は乱されましたが、△86歩という反撃が△6九角成と絡めて厳しく、逆用できそうです。
土佐七段は更に攻め込んできましたが、反動を利用して反撃に移り、最後は嫌気がさしたのか早い投了となりました。

土佐七段は筋の良い将棋なだけに、助けられた一局でした。
確かに秒読みの中では一見して筋の▲8五歩に手が行きがちですが、第1図では露骨に▲6五角△5四歩▲8三角成と攻め込む方が良かったようす。

救われた内容で、本戦ではもう少し良い内容の将棋が指せるようにしたいと思います。


さて今日は棋聖戦最終局。
羽生棋聖が防衛を果たすか木村八段が初載冠となるか、注目です。
二度寝してしまい告知が遅くなりました。
中継は棋聖戦中継サイト

第1局に続いて梅田望夫さんによるウェブ観戦記も掲載されています。
今回はコンピューター将棋と絡めた内容で、今までにない趣向で大変興味深いものになっています。
こちらは棋聖戦中継PlusMSN産経ニュース:将棋

今日は是非棋聖戦にご注目を!


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 12:58| Comment(1) | TrackBack(3) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
対局お疲れ様でした。
連勝おめでとうございます。どんな勝ち方でも、勝ち負けの世界ですので勝てればいいです。
昨日の大相撲のラジオ中継でも、元寺尾が「勇み足でも勝ちは勝ち、負けていれば尚更いい薬になる」と言ってました。
この調子で順位戦、他の棋戦も頑張って下さい。
Posted by ハム平手で(-"-;)ウーン at 2009年07月17日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【将棋】勝又教授「コンピュータ将棋には指せない手を指して勝つのがトッププロ」
Excerpt: JUGEMテーマ:学問・学校梅田望夫氏のWeb観戦記は読み応えがあって面白い。 背景には周到な準備があって、ストーリーがあって、独特の切り口がある。だから、面白い。梅田氏のような人物..
Weblog: TOEIC990点を目指す。
Tracked: 2009-07-17 22:27

[将棋]第80期棋聖戦第5局羽生棋聖防衛!
Excerpt: 羽生棋聖が名人戦に続いてカド番から2連勝で 防衛を果たしました。 振り駒の結果、木村八段が先手で横歩取り。 木村八段が▲5八玉と立ったため、羽生棋聖は△8四飛型。 しかし羽生棋聖は2度△2四飛とまわ..
Weblog: 初手7六歩
Tracked: 2009-07-17 23:05

羽生棋聖防衛!(将棋:棋聖戦第5局)
Excerpt: 棋聖戦第5局。 ▲木村八段−△羽生棋聖。 106手で△羽生棋聖の勝ち。3勝2敗で棋聖位の防衛に成功しました。 本局に関しては、なんでこんなことになっちゃったんだろう? というのが正直な感想で..
Weblog: 気違いの日常
Tracked: 2009-07-18 00:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。