2009年01月18日

王将戦、大和証券杯

王将戦の開幕戦は羽生王将が角換わり同型の後手番から積極的に攻め、快勝しました。
もしかしたら仕掛けの周辺で差がついていたのかもしれませんが、当然ながら良く分かりません。
最近読んだ村山本では△88歩に▲同玉ではなく▲同金が推薦されていましたが、深浦王位がそれを知らないはずもないので、封じ手直前の▲33歩成に期待していたのではないかと思いました。

それにしても村山本は観戦のお供に良いですね。と宣伝しておきます。
マイコミ将棋BOOKS アマの知らない最新定跡 (マイコミ将棋BOOKS)


大和証券杯は室田女流初段が勝利。
笠井女流アマは終盤ハッキリ勝ちそうな局面があっただけに非常に残念な敗戦でしょう。室田女流の最後の詰みは鮮やかでしたね。
中継、詳細は大和証券杯ネット将棋公式HP

観戦しながら、瀬川四段のコメントが優しく、人柄が出ているなぁ、と余計な事を考えていました。

今日は少し買い物に出たりしつつも、家で過ごす時間の多い一日。
明日からまた忙しくなりそうで、水曜は対局です。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[将棋]第58期王将戦第1局羽生王将先勝
Excerpt: 王将戦第1局は後手番の羽生王将が先勝しました。 後手で勝ったから大きい1勝と言えないのが 最近のプロ将棋。でもまずは幸先の良い1勝ですね。 封じ手の局面。深浦王位が▲3三歩成とした局面。 羽生王将、..
Weblog: 初手7六歩
Tracked: 2009-01-19 23:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。