2009年01月16日

勉強方法

色々な所でファンの方に聞かれるのが表題の件。
この間もまだ始めて間もない子供に「どうやれば将棋が強くなりますか」と聞かれ、一瞬返答に詰まりました。

どんな勉強をすれば将棋が強くなるか、というのは強い弱い関係なく悩む問題です。
当然その人に合った方法があるので、一概にこれが良いというのはありません。
「ご主人様、王手です」の時にも色々悩みました。

一つ言えるのは楽しいと思える方法が最善だという事。
詰め将棋を解く、定跡を覚える、指しまくる、棋譜を並べる、本を読む、この辺りでしょうか。

さきほどの子供には「本をいっぱい読みな」とアドバイスしました。彼の場合、自宅に山のように将棋の本があるはずなので。

棋士も皆どんな勉強をすれば良いのか悩んでいると思います。
私も今期はひどく成績が振るわないので、ちょっと勉強方法を変えてみる事にしました。

でどう変えるかというと、棋譜並べの比重を減らし自分の将棋を見つめる時間を増やすという感じです。
プロが一生懸命指した棋譜を並べるというのは非常に面白く、しかもそれは自分が一定以上の棋力を持っているからゆえに楽しめる特権でもあるのですが、面白い面白いになってしまうと勉強という意味ではどうか、という観点もあります。

効果が出るのは先でしょうが、新鮮な気持ちで勉強出来るというのは大きいでしょう。また一からのつもりで頑張っていきます。

今日は今の自分の考えを書いてみました。
ここに書く事で自分自身の意識も高められるかとも思っています。

明日から王将戦が開幕します。
羽生王将に深浦王位が挑戦する注目のシリーズ。
開幕戦は美術館で行われます。こちら
中継は毎日.jp将棋


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 18:26| Comment(6) | TrackBack(3) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竜王のお子さん?とか思ったりして
Posted by 通りすがりのファン at 2009年01月16日 18:38
いい歳こいて初心者ですが、棋譜並べは楽しいです。
遠山さんのブログ毎日楽しく読ませて頂いてます。私の日課ですわーい(嬉しい顔)
2008年度はいまいち波に乗れませんねぇ。勝たれようと、負けようと応援してますよ指でOK
今年は将棋の嬉しい報告をブログでたくさん読みたいです。頑張って下さい。
Posted by 若葉34 at 2009年01月16日 19:06
アマの視点から見ると最初にあるのが、ルールを覚える壁で、次が初段の壁でしょうか。そして三段四段レベルに3つ目の壁があるような印象を受けます。道場なんかにこの位の棋力の人が大量にいるのはみんなこのレベルの壁を越えられないからだと思います。(私もですが・・・)

そこを越えるには何が必要か感覚的なものでいいですから教えていただけたらと思います。
Posted by tkkoba at 2009年01月17日 11:34
竜王のお子さん?
私も一瞬思いました(笑)。


詰め将棋はいいですよね。
一人でできるし、考えれば必ず正解がある。

対外調整を続けながら、正解のない世界で「おとしどころ」を探るような仕事ばかりしてきた私にとっては、まさに夢のようです(笑)。

Posted by けいすけ at 2009年01月17日 17:25
通りすがりのファン・けいすけさん>残念、違います。でも着眼点は鋭いです。

若葉34さん>日課とは嬉しいですね。良い報告が多く出来るよう、頑張ります。

tkkobaさん>感覚的なものも勿論大切ですが、有段者になるとしっかりと定跡を自分の物にする事が大切となります。
とはいえこれは口で言うのは容易いものの、実践するには皆さんお忙しくて時間が取れないため、そこを超えるのが難しくなってしまうという事はあるかもしれませんね。
あくまで個人的な考えですがご参考までに。
Posted by よんだん at 2009年01月18日 00:04
個人的には、強すぎない人の棋譜を並べました

もちろん羽生さんなどのトッププロの棋譜も楽しいんですが、それよりもアマトップレベルやプロ四段ぐらいの方の棋譜の方が理解しやすいし、すぐに使えそうな手筋が満載でしたからね

それを実践に生かしてさらに理解を深めるみたいな感じでした



結構、アマ3級ぐらいの方にオススメですよ


Posted by とし at 2009年01月21日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

いい質問がいいアイデアを生む
Excerpt:  いいアイデアが生まれる時はいい質問をしている時が多い。「いいアイデアはないか?」という質問は、「いい質問はないか?」と置き換えることができる。 アイデアに行き詰った時は、「ヒントはないか?」「質問を..
Weblog: ユーモア、川柳、名言
Tracked: 2009-01-16 19:22

[将棋]第58期王将戦第1局1日目
Excerpt: 竜王戦の興奮冷めやらぬまま、もう王将戦が始まりました。 羽生名人は本当に大変ですね。 頭が下がります。 振り駒の結果、深浦王位の先手。 角換わり腰掛け銀になりました。 そして同形の腰掛け銀に。 タイ..
Weblog: 初手7六歩
Tracked: 2009-01-17 21:03

大混戦モード・その2
Excerpt: いよいよ王将戦第一局、始まりましたね。 4勝2敗で大混戦の王将戦リーグを勝ち抜いた深浦王位が、羽生王将に挑戦、という、王位戦とは逆の対決。 今、羽生四冠との対戦成績がほぼ互角なのが、渡辺竜王と、深浦..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2009-01-17 21:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。