2008年09月18日

バドミントン

昨日はお昼過ぎから東京都体育館に、バドミントンの世界ツアー戦を観に行ってきました。
それほど興味があったわけでもないのですが、せっかく誘っていただいた事、オリンピックで少し試合を観た事、テニスと似た競技なので楽しめそうだと思った事。それらで観に行く事を決めました。

やはりプロの試合というものは引き込まれるものがあり、面白い試合ばかりでした。
残念ながらオグシオやスエマエの試合は観られなかったものの、スエマエはどちらも観客席にいる所を発見し、生で観る事が出来ました。

日本のエース広瀬選手(オリンピック出場)の試合が一番白熱して面白く、謎の中国選手(実は世界チャンピオンだった事は後で知りました)と大激闘の末制勝。最終セットも残り2ポイント、という所で際どい判定があり、それが広瀬選手に味方したのが勝負を決めるポイントでした。

観戦した後は先月お邪魔した「わいわい東京」に行く予定だったのですが、終わったのが思ったより遅かったのと体調に不安があったのとを考慮し、残念ながら取りやめました。
結局一緒に行った関係者と軽く夕飯を食べて解散。

自宅に戻ってからは王座戦の中継に釘付けでした。
際どい終盤を羽生王座が競り勝ったわけですが、幻の絶妙手は本当に絶妙手ですね。その手に気が付けば詰みは分かりやすいものの、▲3一角はなかなか気が付きませんね。
これで羽生王座の2連勝。17連覇に向けて、あと1勝としました。

マイナビは清水女流二冠が貫禄を見せました。完勝といえる内容で、挑戦者争いの最有力候補と言えそうです。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 14:45| Comment(2) | TrackBack(2) | 遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠山さん、
あらら、お会いできず、残念でした。来月は、わいわい東京も1周年記念ですので、ぜひ来てくださいね。(何も特別なことはやりませんが)
Posted by 金城 at 2008年09月18日 15:59
バトミントンのスマッシュのスピードは瞬間的にはテニス以上だそうですね。

棋力ド素人なので羽生先生の手は判りませんが、気づくのはいつも最後に数分の持ち時間を残されている事です。対戦相手の方々は必ずと云っていい程1分将棋になっている様に思います。

意識的なのか無意識なのか私には伺い知れませんが、無意識だとしたら恐ろしい事だと思います。。。
Posted by 地上最弱振り飛車党 at 2008年09月18日 16:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

えらい無茶しまんなあ・・・
Excerpt: このところ、竜王戦挑戦決定もあり、王位戦フルセットの件もあり、羽生四冠についての話に終始しています。 《七冠ロードの行方・その2》、《大反響》、書きました。 そして、昨日、王座戦第二局が行われました..
Weblog: 即席の足跡《CURIO DAYS》
Tracked: 2008-09-18 22:59

ちょww 挿れた瞬間にイっちゃったwww
Excerpt: 3日抜かなかったら報酬倍って言われたからオナヌー我慢したんだけど まさか挿れてからすぐ発射してしまうとは思って無かったよー(^^; さすがに悪いしもっかいヤったら女大喜びwww 結果23マソ貰えちゃい..
Weblog: おいお
Tracked: 2008-09-20 16:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。