2008年06月20日

棋聖戦第2局の事など

昨日はvsでした。2局目の終盤、なんとお互いに読みの中で3手詰みをウッカリするという椿事がありましたが、一瞬気が付くのが遅かったのが致命傷に。その筋が分かっていればやりようがあったのに、と思ったものの、これぞまさに「後悔先に立たず」。

さて昨日行なわれた注目の羽生ー橋本戦は羽生三冠が快勝して、王位戦は2年連続の深浦ー羽生戦となりました。
個人的には今回ばかりは年齢の近い橋本七段に肩入れしていた部分が強かったものの、またも厚い壁に跳ね返されてしまいました。
超強豪といえるメンバーを倒してリーグ優勝をしても、まだ超超強敵が待っているところに、現在のトップの層の厚さが伺えます。
なかなかうちらの世代がタイトル挑戦にたどり着けず、もどかしい限りです。

その羽生三冠はすぐに対局があり、土曜日に棋聖戦第2局を迎えます。
佐藤棋聖の先勝で始まっていますが、果たしてどうなるか。
中継はMSN産経ニュース

その棋聖戦の第1局で、梅田望夫さんのネット観戦記が好評を博しましたが、その総括が明日の産経新聞朝刊の文化面に載るようです。
こちらも見逃せません。是非ご覧ください。記事がネット上にアップされましたらまたお知らせします。

昨日録画しておいた「まるごと90分」を観ました。今回のゲストは野月七段で、サンフランシスコでの事を話されています。
そして桜祭りでの将棋イベント時のビデオが流されます。そのビデオの司会は、前にこの「まるごと90分」で司会をされていた児玉多恵子さん!梅田さんのインタビューもちらりと流れていました。
囲碁・将棋チャンネルにご加入の方は是非ご覧ください。
今後の放送は金曜の深夜0時〜と日曜の12時から
こちらの関連の記事もありました。
「将棋まるごと90分」にサンフランシスコ桜祭りでプロ棋士が将棋の指導・実演の映像(将棋の海外伝播などについてのブログ)

今日はこれから将棋会館へ勉強に行きます。A級順位戦深浦王位ー郷田九段戦とB級1組の一斉対局が行われています。
中継は名人戦棋譜速報


それではまた


posted by 遠山雄亮 at 18:22| Comment(3) | TrackBack(1) | vs・研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
画面で見受ける限り,児玉さんはちょっとふっくらされたように感じましたが,実際のところはどうだったのでしょう。
Posted by spinoza05 at 2008年06月20日 21:55
楽しく読ませて頂いてます。
が、「なかなかうちらの世代がタイトル挑戦にたどり着けず、もどかしい限りです」にはもどかしい限りです。

世代論とは傍観者が語るべきものであろうかと考えます。
私が勝負の世界に生きる当事者であったとしたら、仮に世代を意識したとしても、むしろ同世代の活躍には嫉妬ではないにせよ、何故彼であって私でないのか、との思いを抱くと思います。
まあこれこそ傍観者の勝手な感想ですが。(ゴメンナサイ)

羽生世代云々、そんなの関係ないですよ。
壁の厚さは理解しますが、ドーンと行きましょう。
Posted by bk at 2008年06月21日 02:11
spinoza05さん>実際は全然感じませんでしたよ。いつもお綺麗です。

bkさん>ドーンと行きますよ。
Posted by よんだん at 2008年06月25日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

将棋第67期A級順位戦、郷田真驪纈iは深浦康市王位を破り、今期も白星スタート
Excerpt: 森内名人×羽生挑戦者の第66期名人戦の激闘がまだ続く6月11日から、次の名人挑戦者を決める第67期のA級順位戦がスタートした。 1回戦は第1局(6月11日)谷川浩司九段×藤井猛九段戦(谷川九段勝ち)第..
Weblog: 栄枯盛衰・前途洋洋
Tracked: 2008-06-21 12:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。