2015年02月02日

河口八段のこと

土曜日加瀬教室へ向かう電車内で河口八段の訃報を知りました。
将棋連盟のお知らせ
あまりのことに言葉も出ず、教室でも最初のほうは将棋に集中出来ませんでした。

3〜4年前から「老師の会」という集いがあり、そこでお話するようになりました。
ここ最近は思い起こすだけでも多くの機会でご一緒しました。
王座戦では昨年の第5局に観戦に来られていて、控室では勿論、昼食や夕食など大体河口先生のそばにいたように記憶しています。

一番最後にご一緒したのは昨年12月の王座就位式の後。上記第5局で観戦記を書いた山本さんらとお茶をしました。
その時は珍しく私自身のことに言及されました。成績のこと、仕事のこと。厳しいことも言われましたが、珍しく褒められたりもしました。褒められたのは最初で最後だったと思います。

この1年ほどはiPadを持ち歩き、ライブ中継アプリや将棋ウォーズアプリ、囲碁のアプリを愛用されていました。健康の問題も聞いたことがなく、いつもおしゃれで若々しい先生でした。
まだまだお話したいことがたくさんあり、残念でなりません。
ご冥福をお祈り致します。
posted by 遠山雄亮 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。