2014年10月09日

金井五段戦

振り駒で先手になり、一手損角換わりに。
少し良かったのですが、受けすぎで逆に負け気味の終盤戦。
今▲7五桂に△6四玉と逃げたところ。
先手▲が私です。


2014.10.8金井 王位戦130手.gif


先手玉は△9七金からの詰めろ。後手玉に詰みはありません。
ここで▲6六銀が狙っていた勝負手。7七に逃げ道を作りました。
以下△9七金▲7七玉△9五角▲8六銀(!)△同歩▲6五銀(!)と銀の只捨て2連発で肉薄。
感想戦は2時間を超えるものでしたが、容易に結論のでない超難解な終盤戦でした。

しかし残念ながらゲタの預けたが悪く、中段できれいに詰まされてしまいました。
検討の感じでは勝ちも負けもふんだんにある、ジャンケンのような終盤戦でしたが、そこで勝ちを拾えないのもまた実力です。

悪い内容ではないものの勝ちに結びつかない、そんな将棋が続いています。
来週は珍しく2局あるので、切り替えてまた頑張ります。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。