2014年10月03日

八代四段戦

後手で角交換振り飛車を選択。
難解な将棋でしたが、中盤をうまく乗り切って優勢を築きました。
しかし簡単な決め手を逃して混戦に。
そこからミスもあってこちらはやむを得ない千日手模様でしたが、ギリギリで相手が打開して迎えた図。後手△が私です。7三の成桂を角と桂のどちらで取るかの選択。


2014.10.2八代 順位戦139手.gif


実戦は△同桂と取った手が敗着に。
△同角ならば非常に際どい勝負でした。

終盤は悪い方にばかり手がいく、冴えない一局でした。
悔しい逆転負けですが、めげずにまた精進します。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。