2014年08月10日

将棋×サッカーイベント、8月17・18日に山形県天童で開催!

野月七段を中心に企画されている将棋×サッカーのイベントが開催されます!
将棋×サッカーコラボイベント特別企画第2弾
8月17日(日)は山形県天童市にあるNDソフトスタジアム山形で16時から。
18日(月)は天童駅1階にある交流室で13時から行われます。

17日はスタジアムのレストランでトークショーや公開対局がメイン。
18日は次の一手名人戦と指導対局がメインとなります。

棋士の出演は、広瀬八段・野月七段・佐藤慎四段、そして私の計4名。
スペシャルゲストで元日本代表の波戸康広さん!
波戸さんは横浜Fマリノスで長年活躍され、日本代表の経験も。現在は横浜F・マリノスでアンバサダーを務め、そして将棋親善大使でもあります。
昔から横浜Fマリノス好きだったので、波戸さんは憧れの人。以前お話した時は緊張しました。
今回はトークショーでご一緒できるので楽しみです。

当日18時から当地で行われるコンサドーレ札幌戦はモンテディオ山形「天童市民応援デー」。天童市内在住在勤で、高校生以下は無料、その他は通常の半額の1500円(税込)で入場可能となります。
多くの方のご参加をお待ちしています!


サッカーのネタを少し。
W杯で優勝したドイツの洗練されたサッカーにはうっとりさせられました。
ショートカウンターを武器に、ポゼッションからも点が取れる、この両立が出来るのは驚異的。
クラブチームレベルでは、昨年のバイエルン、今年のレアル・マドリーと、この両立に磨きをかけたチームがCLで優勝しており、今後のトレンドは間違いなくこの流れとなるでしょう。
チキタカ(ポゼッションに命をかけた戦術)を持ち味とするスペイン代表とバルセロナが好きなので複雑な気持ちもありますが、最強を誇ったこの2つに対抗するために生まれたのが上記の戦術なので、これもサッカーの進化といえそうです。
将棋で言えば、藤井システムが一世を風靡し、それに対抗する戦略が数多く生まれ、そこから振り飛車も進化した、という感じでしょうか。

ヨーロッパの新シーズン幕開けが待ち遠しい今日この頃。戦術やシステムが好きな私としては、このような新しい戦術がメインとなることでサッカーがどう進化するか、楽しみで仕方ありません。
特にリーガ・エスパニョールの3強の争いに注目しています。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。