2013年09月26日

中座七段戦

振り駒で後手になり、最近流行の兆しがある後手の石田流に。

前例の無い難しい戦いでしたが、僅かに届きませんでした。
図は勝ちでも不思議はない、という手応えで△4六馬と引いたところ。
ここで次の一手に出てきそうな決め手を指されました。


2013.9.25中座戦.gif


▲8八玉がまさに玉の早逃げ八手の得、という手筋。
こちらは攻撃陣がいっぱいいますが、駒を渡さずに迫れません。
香を渡すと▲3二竜△同歩▲8三香成△同玉▲8四銀以下詰まされます。

しかし思わしい手もなく、残り時間を投入して考えるも起死回生の順はありませんでした。

今日は珍しく研究会の代打に行ってきます。
気持ち切り替えて、また次に向けて頑張ります。


それではまた
posted by 遠山雄亮 at 09:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 対局結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。